新型 コロナ 武漢 研究 所 - 「新型コロナウイルスの武漢研究所流出説」を徹底検証 中国の協力得られず確証には至らないが、続出する状況証拠(1/8)

コロナ 研究 所 武漢 新型 「新型コロナは武漢の研究所から流出した」と考える米国人は何%? 1年で大きな変化―仏メディア

新型コロナの次はニパウイルス?会合に出席していた武漢ウイルス研究所

コロナ 研究 所 武漢 新型 コロナの次はニパウイルスか やはり危険な中国「武漢ウイルス研究所」の動き(デイリー新潮)

コロナ 研究 所 武漢 新型 新型コロナの次はニパウイルス?会合に出席していた武漢ウイルス研究所

コロナ 研究 所 武漢 新型 検証:ノーベル賞受賞の仏ウイルス学者「コロナは武漢研究所の人工操作」発言をどうみるべきか(今井佐緒里)

中国報道官「武漢の研究者にノーベル賞」と発言 「恥知らず」被害者が批判

コロナ 研究 所 武漢 新型 米国立研究所が昨年「新型コロナは “武漢流出”の可能性高い」と結論=米メディア│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

「新型コロナは武漢の研究所から流出した」と考える米国人は何%? 1年で大きな変化―仏メディア (2021年7月13日)

コロナ 研究 所 武漢 新型 米国立研究所が昨年「新型コロナは “武漢流出”の可能性高い」と結論=米メディア│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

「新型コロナは武漢の研究所から流出した」と考える米国人は何%? 1年で大きな変化―仏メディア

コロナ 研究 所 武漢 新型 新型コロナの次はニパウイルス?会合に出席していた武漢ウイルス研究所

新型コロナ「武漢流出疑惑」再び…とうとうアメリカで「徹底追及」が始まった!(長谷川 幸洋)

コロナ 研究 所 武漢 新型 「新型コロナは武漢の研究所から流出した」と考える米国人は何%? 1年で大きな変化―仏メディア(2021年7月13日)|BIGLOBEニュース

コロナ 研究 所 武漢 新型 「新型コロナは武漢の研究所から流出した」と考える米国人は何%? 1年で大きな変化―仏メディア(2021年7月13日)|BIGLOBEニュース

コロナ 研究 所 武漢 新型 新型コロナは武漢研究所から出た? :

【新型コロナ】公電が示す“武漢研究所起源説”の信憑性 研究所には米政府の金が流れていた(飯塚真紀子)

しかし、エイズにはどちらもない。

  • 高度な免疫系と生体防御機構が発達しているコウモリは、他の動物なら死に至らしめるような猛毒ウイルスが体内に侵入しても平気であることから、多くのウイルスがコウモリの体内に寄生できるのである。

  • このメカニズムは、以前は知られていなかったのです」 受賞後のモンタニエ氏の評判 ノーベル賞を受賞したのち、モンタニエ氏の評判は全くかんばしくない。

  • 米ラトガース大学のリチャード・イブライト教授はウォールストリート・ジャーナルに「コウモリのウイルスは中国の複数の研究所で採集され、研究されている」と述べるとともに、過去に誤ってコロナウイルスが流出した例を指摘した。

科学界は、新型コロナウイルスのDNAなどを見れば、人為的にこのウイルスが作られた可能性はないと反論した。

  • 1932年、フランスのシャブリ生まれ、87歳である。

  • 事の起こりは4月16日、フランスのサイト『Pourquoi Docteur』(どうして?ドクター) のだった。

  • 米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が24日 現地時間 に米情報機関の諜報報告について報じて以来、WIV起源説が再び強まっている。

陰謀論とは、何かを隠す人のことだ。

  • 「自国民に対してさえ親切にできない政府は、どのような政府なのかを物語っている」 張さんは当局を相手取った訴訟のために、ほぼすべての中国のソーシャルメディアから検閲されているが、それでも彼は訴訟を辞めないという。

  • ニパウイルスの最初の感染例は1999年、マレーシアのニパ川沿いに暮らしていた養豚業者だった。

  • 昨年3月にピュー研究所が実施した同様の調査では中国の実験室が発生源と考えていた人の割合は29%となっており、この1年あまりで世論の考え方に大きな変化が生じたことが浮き彫りになったと伝えた。

7500万人のエイズに苦しむ患者から「エイズの権威」と見つめられ続けた博士は、そのことをどう受け止めてきたのだろう。

  • ノーベル賞を受賞した翌年の2009年、彼はインタビューで、人体というものは、良い抗酸化の栄養の助けを借りた、良い免疫システムによって、エイズウイルスからよりよく身を守ると述べて、科学者の怒りをかった(良い免疫システムをもっていれば、数週間でエイズウイルスを追い払うことができるとさえ)。

  • 新型コロナウイルスのパンデミック以降、世界の研究者たちはアジアのコウモリの生態に関する研究を急ピッチで進めており、新型コロナウイルスと遺伝情報が近いウイルスが各地で見つかっている。

  • しかし今回は異なり、両党の支持者が同じ考え方をしている」と述べたことを伝えた。

それどころか、起源の真実を解明するには中国の協力が不可欠であり、そのために「あまり中国を追い詰めるべきではない」とさえ唱えてきた()。

  • 新型コロナウイルス SARS-CoV-2 が遺伝子工学の産物であったかもしれないという考えも、全会一致からは程遠い。

  • 一度は困難さに発表をやめようかと思ったが、あまりにも誤解が拡散しているので、不十分でも発表することにした。

  • ウイルスが原因であることは突き止められた。

1983年に病気の原因となるHIVウイルスを発見したのが、リュック・モンタニエ氏と、同僚のフランソワーズ・バレ=シヌシ氏だ。

  • フランスのエマニュエル・マクロン大統領も『フィナンシャルタイムズ』とのインタビューで「中国が新型コロナウイルスにうまく対処したというのは純真な考え方」とし「中国で発生したが、私たちが知らないことが確実に存在する」と疑惑を提起した。

  • ウイルスは、武漢の研究所から「逃げた」ものだろう。

  • 今回は逸脱している。

治療はでよいという。

  • 新型コロナウイルスのパンデミック以降、世界の研究者たちはアジアのコウモリの生態に関する研究を急ピッチで進めており、新型コロナウイルスと遺伝情報が近いウイルスが各地で見つかっている。

  • 昨年の春には「新型コロナウイルスは、コウモリから中間宿主を通して人間へと伝染された」というのが支配的な見解であった。

  • 2017年には世界的な科学雑誌『ネイチャー』に、武漢研究所から病原体が流出する恐れを指摘した研究資料が発表されてもいる。




2021 piquora.com