フランクフルト 対 ケルン - アイントラハト・フランクフルト

ケルン フランクフルト 対 「価値ある勝利」フランクフルト長谷部誠がCL出場へ大きな勝点3、遠藤渓太のウニオン戦大勝を喜ぶ

鎌田大地、先制点に絡む。長谷部誠がフル出場のフランクフルトはケルンに勝利でリーグ10戦負けなし(フットボールチャンネル)

ケルン フランクフルト 対 フランクフルト対ケルン

ケルン フランクフルト 対 フランクフルト対ケルン

ブンデスリーガ第5節 ケルン対フランクフルト

ケルン フランクフルト 対 【ブンデスリーガ第7節】復帰のマインツ岡崎ゴールなるか、フランクフルト対ケルンは4人の日本人出場も

ケルン フランクフルト 対 フランクフルト3位浮上!長谷部誠「我慢が結果につながった」と満足。週末は王者バイエルン戦!

ケルン フランクフルト 対 アイントラハト・フランクフルト

ケルン フランクフルト 対 アイントラハト・フランクフルト

ケルン フランクフルト 対 鎌田大地、先制点に絡む。長谷部誠がフル出場のフランクフルトはケルンに勝利でリーグ10戦負けなし(フットボールチャンネル)

ケルン フランクフルト 対 アイントラハト・フランクフルト

【ブンデスリーガ第7節】復帰のマインツ岡崎ゴールなるか、フランクフルト対ケルンは4人の日本人出場も

ケルン フランクフルト 対 【ブンデスリーガ第7節】復帰のマインツ岡崎ゴールなるか、フランクフルト対ケルンは4人の日本人出場も

メンバーが揃った状況で戦えるマインツだが、相手はメンヒェングラートバッハ。

  • あなたは自身であなたの旅行を計画するのに疲れていますか。

  • ブンデス [5月24日 16:54]• 23分、右SHリッセのFKはGKフラデツキーがキャッチする。

  • シュテーガー監督はその責任がFWだけのせいだけではないと話してはいるが、やはり大迫にはゴールという結果がほしいところだ。

スペイン [7月13日 16:01]• 1994-1995• セリエA モウリーニョ氏、ローマ監督就任以来初の会見「未来… []• プレミア [7月13日 18:27]• ゲーム終了後、落ち込む大迫に対して長谷部が近付き、何やら会話。

  • あなたのルートは ドイツ ケルンで開始。

  • Coordinate waypoints[waypoints. 後任には前監督のが就任した。

  • 【得点者】 57分 1-0 シルバ(フランクフルト) 79 2-0 ヌディカ(フランクフルト) 【了】. ゴールはわずか1と最下位に落ち込んでいるケルンがホームにフランクフルトを迎えたゲーム。

1994-1996• 2007-2009• ホームのフランクフルトが2-0の勝利を収めた。

  • 2015-2017 [ ]• セリエA [5月29日 21:58]• あなたは距離はることができます。

  • スペイン [7月13日 1:18]• 後半22分 後半26分 選手交代、レーマン(33)がアウト、コジエロ(41)がイン 選手交代、ボアテング(17)がアウト、フェルナンデス(5)がイン 後半26分 黄ルス(23)が警告を受ける 後半26分 後半29分 ゴール!!!テロッデ(9)がゴールを決める。

  • プレミア [7月13日 18:27]• さらにCHヘーガーに代えてヨイッチを投入する。

1965 ()• フランクフルトも1勝2敗1分で13位とけっして好調とは言えないが、ここまでの失点は3。

  • :1回• その後は毎年のようにブンデスリーガ1部において中位から下位が定位置となった。

  • ブンデス [7月13日 8:29]• 1996• 1988-1991• ホームのフランクフルトが2-0の勝利を収めた。

  • 49,794人(2018-2019シーズン) サポーター [ ] ののサポーターズクラブと友好関係を結んでおり、定期的に交流が行われている。

一方、結果のみならず内容にもこだわる攻撃サッカーを掲げると、の17得点をあげる活躍もあり2位に入り1年で1部復帰を果たした。

  • セリエA [5月25日 8:24]• 1949-1961• ホーム• ドゥルムがペナルティエリア手前中央からパスを供給。

  • アウェー• 14分には右SBのフィードをFW大迫が収め、CBファレットと抑えながらFWに落とすが、CH長谷部がカットする。

  • 1991-1993• 2002 (暫定)• ブンデス [5月30日 9:13]• フランクフルトは主導権を握るものの前半をスコアレスで折り返す。

選手交代、ヨビッチ(8)がアウト、ハラー(9)がイン 後半13分 ゴール!!!ルス(23)がゴールを決める。

  • あなたはより大きな地図を見てしますか。

  • getElementById "HiddenStartLattitude". 結局その後もフランクフルトに守り切られ、そのまま1-0。

  • ポカール優勝により出場したヨーロッパリーグではこのシーズン唯一のGL6戦全勝で1位通過、決勝トーナメントでもラウンド16で、準々決勝でを相手に勝ち進む快進撃を見せた。

2003• しかし25節終了時点で16位に低迷し直近7試合未勝利が続いたため、シーズン途中の2016年3月6日フェーは解任された。

  • 2002-2004• 1992-1993• セリエA [7月7日 14:52]• 、当時競争相手であったビクトリアとキッカーズが合併し、新たにフランクフルトサッカークラブ(キッカーズ・ビクトリア)1899が誕生した。

  • アウェー• フランクフルトは12勝11分3敗(53得点・36失点)の勝点47で4位。

  • スペイン [7月13日 1:18]• 海外サッカー [7月9日 9:47]• 12失点。

1978-1982• 1999-2001• 2016 暫定• 2008-2010• [文:サカノワ編集グループ]. ここまで4連敗。

  • ブンデス [6月23日 20:56]• ここまで3勝3分と無敗。

  • 1977-1978• セリエA [5月27日 18:33]• UEFAカップでは1回戦でのを下しグループリーグに進出したが、の、の、の、のが同じグループとなり最下位に終わった。

  • 2011-2014• -シーズンの(当時はUEFAチャンピオンズカップ)で準優勝(決勝ではと対戦し3-7で敗戦)した。




2021 piquora.com