一頭 地 を 抜く - 一区切り

地 を 抜く 一頭 マクラーレン 765LTに見る最新軽量化技術。「軽さ」で一頭地を抜く英国製スーパーカー戦略とは

一区切り

地 を 抜く 一頭 一区切り

「一頭地を抜く」の用例・例文集

地 を 抜く 一頭 新型ジャガー・Fペイスの一頭地を抜く趣味性とは? メルセデスやBMWのSUVでは得られない個性に注目!(GQ

マクラーレン 765LTに見る最新軽量化技術。「軽さ」で一頭地を抜く英国製スーパーカー戦略とは

地 を 抜く 一頭 ●一頭地を=抜く[=ぬきんずす] #names

地 を 抜く 一頭 マクラーレン 765LTに見る最新軽量化技術。「軽さ」で一頭地を抜く英国製スーパーカー戦略とは

地 を 抜く 一頭 ●一頭地を=抜く[=ぬきんずす] #names

地 を 抜く 一頭 新型ジャガー・Fペイスの一頭地を抜く趣味性とは? メルセデスやBMWのSUVでは得られない個性に注目!(GQ

地 を 抜く 一頭 ●一頭地を=抜く[=ぬきんずす] #names

新型ジャガー・Fペイスの一頭地を抜く趣味性とは? メルセデスやBMWのSUVでは得られない個性に注目!(GQ JAPAN)

地 を 抜く 一頭 新型ジャガー・Fペイスの一頭地を抜く趣味性とは? メルセデスやBMWのSUVでは得られない個性に注目!(GQ

●一頭地を=抜く[=ぬきんずす] #names

地 を 抜く 一頭 ●一頭地を=抜く[=ぬきんずす] #names

4インチに拡大されたインフォテイメントシステム用モニターをはじめ、ゲンコツを作ったような握りやすい形状のギアシフトノブなどが用意されている。

  • 使っているうちに、「個人」という語もあり「社会」に対しての概念としては「個人」が優勢になり、「個人」のうちの一人で「一・個人」それに従って「いち・こじん」という読み方ができてきたと考えられます。

  • ルーツはもちろん1990年代後半にサーキットで活躍したレースカー、マクラーレン F1 GTRのロングテール仕様車である。

  • 龠 You can reach us at Facebook , Twitter or e-mail. 只見川の開発を成功させることは、他の電力会社に対し一頭地を抜く存在になり得ること明らかで、いわば電力会社にとって只見川は「宝の山」的な存在であった。

最軽量仕様の乾燥重量1229kgで算出すると、パワーウェイトレシオはクラストップレベルの622ps/トンを実現している。

  • Before you contact us, please read our list of. 脇村もいつのまにか野球に熱中し、体の小さいわりには上手だといわれ、いわれるとまた自信がついてさらに上手になり、友だちの間では一頭地を抜くようになった。

  • トランスミッションのファイナルドライブにはF1で使用されるニッケルクロム鋼、20NiChを使用。

  • ウインドウの厚みやバッテリーも「減量対象」 さらに、サイドウインドウ及びフロントウインドウの厚みも削減。

多くのかたは「一・個人」と区切り、「ひとりの個人として」の意味で使っています。

  • 今日、所謂仏国の『先駆劇壇《テアトル、ダヴアン、ギヤルド》』を形造る幾多の有為な新進劇作家、その名を数へれば十指を屈してなほ余りがあるに違ひないが、その「力強さ」に於て、その「閃き」に於て一頭地を抜くものは、たしかにポオル・クロオデルとアンリ・ルネ・ルノルマンとであらう。

  • いまもクラストップレベルの軽さを自負していますが、2025年に導入予定のハイブリッドモデルもパフォーマンスと効率を最大限に高めるべく、さらなる軽量化を推進して参ります」 「コンベンショナルな内燃機関を搭載していたとしても、電気自動車であっても、質量がパフォーマンスの敵であることに変わりはありません。

  • 上質な作りで、かつスポーティな走りという、独自の魅力をしっかり持ったモデルであるのが印象ぶかかった。

カーボンファイバー製のセンターモノコック「モノケージII」をベースに可能な限りの軽量化を果たした。

  • マクラーレンのロードカーとしては初めてMCTC製のカーボンファイバー製ボディコンポーネントを採用することになる。

  • 特に、耳で聞いた場合は4字熟語ぐらいが限界ではないでしょうか。

  • なにより、ひらがなの部分との対比が明らかで、多くの漢字熟語は名詞です。

もうひとつ、あたらしくなったFペイスで感心したのが、内装の仕上げ。

  • アクティブリヤウイング、リヤバンパー、ワンピース型のフロントのフロアセクションは英国ヨークシャーにあるマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)で設計・開発及び生産される。

  • 最軽量仕様の乾燥重量1229kgは、720Sクーペ比で80kgも軽い。

  • 現在とは違い当時は日本各地におびただしい数の電力会社が存在しており、経営拡大のため激烈なシェア争いを演じていた。

派手ではないものの、ドアを開けたときから、いい驚きがある。

  • ようやく5月に乗れたのが、小型モーターを組み合わせたマイルド・ハイブリッド・ディーゼルの「D200 R-DYNAMIC SE」。

  • 栄光のロングテールの物語を受け継ぐ第4章といえる存在だ。

  • さらに、ウインドウの開閉スイッチやアクティブ・ダイナミクス・パネル(ADP)周辺にもカーボン素材を取り入れることでグラム単位での軽量化を追求する徹底ぶりだ。

オーディオやエアコンも非搭載 センタートンネルのカーボンパーツはわずか0. きちんとアップデートされたのだ。

  • 乾燥重量1299kgのボディを765ps&800Nmで推進 心臓部に搭載するのは720Sに搭載する4. 2文字ずつ区切って読むのが普通の考えですが、中には1、3など奇数でまとまりを作る単語があり、これが混乱を引き起こす引き金になることがあります。

  • ゆえに、軽量化競争に勝ち抜くことは我々にとって絶対的な優先事項なのです。

  • (齋藤毅『明治のことば』)そのほか「独一个人」ともされていたようです。




2021 piquora.com