時雨 四 字 熟語 - 【あまり知られてない】意味や字面が超絶かっこいい四字熟語50選|横断幕・懸垂幕キング|株式会社イタミアート

熟語 時雨 四 字 【あまり知られてない】意味や字面が超絶かっこいい四字熟語50選|横断幕・懸垂幕キング|株式会社イタミアート

「雨」を含む4字熟語や名詞など:漢字書き順(筆順)調べ無料辞典

熟語 時雨 四 字 【雨】が入る四字熟語一覧 の[意味と使い方辞典]|四字熟語データバンク【一覧】

仕事で使うとかっこいい四字熟語27選|自己紹介やスローガンにおすすめはこれ!

熟語 時雨 四 字 【あまり知られてない】意味や字面が超絶かっこいい四字熟語50選|横断幕・懸垂幕キング|株式会社イタミアート

熟語 時雨 四 字 「雨」を含む4字熟語や名詞など:漢字書き順(筆順)調べ無料辞典

熟語 時雨 四 字 雨のつく四字熟語で五風十雨、晴好雨奇、晴耕雨読、小夜時雨、時雨心地、秋雨

四字熟語一覧

熟語 時雨 四 字 四字熟語一覧

熟語 時雨 四 字 【あまり知られてない】意味や字面が超絶かっこいい四字熟語50選|横断幕・懸垂幕キング|株式会社イタミアート

熟語 時雨 四 字 「雨」を含む4字熟語や名詞など:漢字書き順(筆順)調べ無料辞典

熟語 時雨 四 字 雨のつく四字熟語で五風十雨、晴好雨奇、晴耕雨読、小夜時雨、時雨心地、秋雨

熟語 時雨 四 字 「雨」を含む4字熟語や名詞など:漢字書き順(筆順)調べ無料辞典

四字熟語一覧

使い方 「会社の収益は赤字が続いているが、不撓不屈の精神で立て直しましょう。

  • 「思」と合わせることで何度も思う、何度も考えることを意味します。

  • 「一言」はひとこと、「芳恩」は他人から受けた恩を表します。

  • 意味 目的を達成するためにありとあらゆるつらい苦行に耐え忍ぶこと。

【スポンサーリンク】 「く」で始まる四字熟語• 」 実践躬行(じっせんきゅうこう) 語源・成り立ち 「躬行」は自分の力でおこなう、という意味で、「実践」は実際におこなうことを意味します。

  • 」 粉骨砕身(ふんこつさいしん) 語源・成り立ち 骨を粉のようにして、身を砕くようにして全力を尽くすという意味から以下の意味になりました。

  • 」 乾坤一擲(けんこんいってき) 使い方 中国の唐の時代の詩人、韓愈が記した詩である「鴻溝(こうこう)を過ぐ」に由来の一説があります。

  • 」 「彼の精励恪勤ぶりが評価されて、今年彼は賞を受賞するようだ。

四字熟語 意味 意気軒昂 いきけんこう 気持ちが昂って盛んである様子 意気衝天 いきしょうてん 天を突きあげるほど、意気込みが盛んであること 訓読:意気天を衝く(いきてんをつく) 一気呵成 いっきかせい 文章を一息で完成させること。

  • 読みが同じだったり、形が似ていたりして、書くときにまちがいやすい四字熟語は、「 」をご覧ください。

  • 知っているだけでは何も意味をなさず、何かしらの行動をしてはじめて知識として意味をなすということ。

  • 使い方 「新しいプロジェクトが始動した。

使い方 「この新規事業は弊社の生き残りをかけた乾坤一擲の大勝負です。

  • 」 「私と違って兄は豪放磊落な性格をしているので、たびたびうらやましく思うことがある。

  • 」 一念発起(いちねんほっき) 語源・成り立ち 浄土真宗の宗祖、親鸞の教えに由来します。

  • 今回はさまざまな四字熟語を紹介しました。

粉骨砕身の努力で少しでも早く売上を向上させるために邁進して参ります。

  • 」 「一念発起して明日からのテストのために勉強をする。

  • com — shutterstock ここでは、仕事における組織やチームのスローガンとして使える四字熟語を紹介します。

  • 磨励自疆(まれいじきょう) 意味 大いに修行をして、努力に励むこと。

【スポンサーリンク】 「う」で始まる四字熟語• それを見ていた人々が張僧縣にひとみを描かせたところ、その竜は天に昇っていったということからこの語ができました。

  • How to write kanji and learning of the kanji. 出典は楊雄(ようゆう)という学者の『文選(もんぜん)』という書物です。

  • 意味 全員で力を合わせて、物事に取り組むこと。

  • 」 「博識だけど行動に移さないから君はもったいないね、知行合一を意識しよう。

」 温故知新(おんこちしん) 語源・成り立ち 中国の思想家、孔子による『論語』の中の一説、「子曰、温故而知新、可以為師矣」からきています。

  • 」 「実践躬行、有言実行、しっかりやりとげよう。

  • 」 一言メモ この四字熟語は単体で使われることもありますが、「百尺竿頭に一歩を進む」ということわざとしてもよく用いられます。

  • 「い」で始まる四字熟語• 使い方 「自分は豪放磊落な人間なので、小さな失敗は気にせず突き進むことができます。




2021 piquora.com