ミズノ ウエーブ デュエル - 次元の違う反発性 やっぱり凄かった! ミズノ ウエーブデュエルネオ【レビュー】

ウエーブ デュエル ミズノ 次元の違う反発性 やっぱり凄かった!

ウエーブ デュエル ミズノ 【ミズノウエーブデュエル2 レビュー】GTZ2との違いや重さ、サイズ感、短距離に使えるかまで徹底的に紹介します!

走るのがめっちゃ楽しくなる! まるでスパイクを履いた感覚 MIZUNO ウエーブデュエル「評価・レビュー」

ウエーブ デュエル ミズノ 【ミズノウエーブデュエル2 レビュー】GTZ2との違いや重さ、サイズ感、短距離に使えるかまで徹底的に紹介します!

【ミズノウエーブデュエル2 レビュー】GTZ2との違いや重さ、サイズ感、短距離に使えるかまで徹底的に紹介します!

ウエーブ デュエル ミズノ 【ミズノ ウエーブデュエルネオ(wave

走るのがめっちゃ楽しくなる! まるでスパイクを履いた感覚 MIZUNO ウエーブデュエル「評価・レビュー」

ウエーブ デュエル ミズノ 蹴ったぶんだけ速さに変えるスピードシューズ|ミズノ ウエーブデュエル

ウエーブ デュエル ミズノ 厚底規定でウエーブデュエルNEOが使えない!!トラックではスパイクを履くしかない?

ウエーブ デュエル ミズノ 【レビュー】5000mでPBを出したミズノ ウエーブデュエル

ウエーブ デュエル ミズノ 【ミズノウエーブデュエル2 レビュー】GTZ2との違いや重さ、サイズ感、短距離に使えるかまで徹底的に紹介します!

ウエーブ デュエル ミズノ 厚底規定でウエーブデュエルNEOが使えない!!トラックではスパイクを履くしかない?

「ウエーブデュエル」を履いた感想

ウエーブ デュエル ミズノ 厚底規定でウエーブデュエルNEOが使えない!!トラックではスパイクを履くしかない?

これで流しをしても結構なスピードが出せちゃいます。

  • ソールの厚みが薄底になったことで接地感覚や衝撃が高くなります。

  • 「やっと日本のメーカーが、チャレンジをしてきてくれたな」という印象です。

  • 出典: ランニング業界では厚底ブームが2019年頃からトレンドです。

これによって足趾の機能も促通され、足本来の力をしっかり活かすことができます。

  • まるで靴下のようなフィット感 アッパーは前足部、中足部、後足部にやや縫い方を変えたニット素材。

  • 使えると思っていてもアウトだとすれば当然失格です。

  • アップ〜速めの距離走はウエーブエアロ18でスピードトレーニング〜TT、レペティションはウエーブデュエルネオといった感じで使い分けます。

走力のないランナーにとってはトラックに出場しずらくなったことは間違いないのですが、競技ランナーにとっては厚底シューズ登場前の状況に戻っただけで、実質的にはそれほど影響がない改正と言えるでしょう。

  • ミズノのランニングシューズではお馴染みのウエーブプレートは入っていますが、カーボン搭載シューズよりもソールが硬過ぎないというのも使いやすさの一つですね。

  • 縦方向のへのグリップ性が高くどんな地面でも推進力に変えてくれます。

  • めちゃくちゃ使えます!! スパイクのテクノロジーを活かしているだけあって短距離選手の中足部から前足部にかけての蹴り出しもしっかりできます。

履いてみた感覚は ソールが硬すぎずやわらかすぎない中距離用のスパイクと似てますね。

  • ですがスパイクに使用されているプレートのため、屈曲性を活かしながら高い反発力で加速を促すことができます。

  • 初心者は筋力が少なく高すぎる反発性に負けて安定性を確保できないので使用はおすすめしません。

  • ローカットよりも軽い?! ウエーブデュエルネオの重さ このウエーブデュエルネオはハイカットとローカットの2種類がありますが、実はハイカットモデルの方が軽いんです! 重量としては WAVE DUEL NEO(ハイカットモデル):約185g WAVE DUEL NEO low(ローカットモデル):約195g なんとハイカットの方が10gも軽いんです! この違いはローカットモデルにはヒールカウンターの補強パーツが入っているため、10gほど重くなっています。

ミズノから使えると発表されているシューズはどれも超薄底でトップランナーを想定したシューズのため、それなりのレベルであっても市民ランナーで履いている人はレアだと思われます。

  • スピードを追求するエリートランナーはもちろん、フルマラソンでサブスリーを目指す方にもぜひ試していただきたい一足です。

  • そのため ゴムトラックを走るために作られているため スパイクはどれも 超薄底です。

  • ウエーブデュエルGTZ2 26. 気になる人はぜひお試しを。

実際これが世界陸連の合否と一致しているかは別として、メーカー的にはウエーブデュエルNEOはアウト判定です。

  • ミズノはHPで新ルールに適合しているシューズを発表しています。

  • ランニングシューズ「WAVE DUEL GTZ」¥16,000+税(税込価格:¥17,280) 「WAVE DUEL GTZ」の特長 一般的にスピードアップを目指すランナーは、反発力、軽量性などの性能をシューズに求めます。

  • それがいいか悪いかは別として、記録を求めるのであれば当然スパイクを履くべきでしょう。

ある程度トレーニングを積んだランナーがメインか? このシューズの特徴が圧倒的な硬さと反発性なので、非常にスピードが出しやすいですが、体幹やハムストリングス、ガストロをしっかりトレーニングしておかないと確実にブレて怪我をしてしまいます。

  • トラックのためにわざわざ超薄底シューズを買うのか? であればスパイクを履いたほうが何かといいような気もします。

  • 走力のないランナーにとってはトラックに出場しずらくなったことは間違いないのですが、競技ランナーにとっては厚底シューズ登場前の状況に戻っただけで、実質的にはそれほど影響がない改正と言えるでしょう。

  • 今回登場する「WAVE DUEL GTZ」は、高速化するレースを最速のタイムで走れるように、 陸上短距離スパイクの開発技術を活かした、新しいプレートをソール(靴底)部分に採用したのが最大の特徴。

メーカーが推奨しているわけではないですが、個人的な意見としては、中足部〜前足部での接地が最もグラつきにくく正確に反発を得ることができると考えます。

  • レース用でも特にハーフマラソンまでの距離に適した軽量スピードモデルです。

  • 厚底のシューズを履いたとき、「走らされている」ような違和感を覚えたんですが、WAVE DUEL NEOは自分の力で走っているのを実感できます。

  • トラックで使えるシューズは極限られたシューズだけになるでしょう。




2021 piquora.com