フラン ドール スカーレット - フランドール・スカーレット

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット

フラン/ドール・スカーレット

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット (ふらんどーるすかーれっと)とは【ピクシブ百科事典】

フラン/ドール・スカーレット

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット

フォーオブアカインド (ふぉーおぶあかいんど)とは【ピクシブ百科事典】

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット (ふらんどーるすかーれっと)とは【ピクシブ百科事典】

ドール スカーレット フラン フォーオブアカインド (ふぉーおぶあかいんど)とは【ピクシブ百科事典】

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット (ふらんどーるすかーれっと)とは【ピクシブ百科事典】

フランドール・スカーレット

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット (ふらんどーるすかーれっと)とは【ピクシブ百科事典】

フォーオブアカインド (ふぉーおぶあかいんど)とは【ピクシブ百科事典】

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット (ふらんどーるすかーれっと)とは【ピクシブ百科事典】

フラン/ドール・スカーレット

ドール スカーレット フラン フランドール・スカーレット (ふらんどーるすかーれっと)とは【ピクシブ百科事典】

その結果「外に」とまではいかないものの、『(書籍)』で屋敷内を出歩いている姿が目撃されたり、屋敷のすぐ傍ながらも屋敷外にいる挿絵があったりする。

  • 略すとU. 最終スペルのQED「495年の波紋」は、ダメージや残り時間で急激に弾幕密度が上がり、「発狂状態」と呼ばれる。

  • また閉じ込められているというより好き好んで引き篭もってるというほうが正しく、地下室は弱点の日光も当たらなければ食事でも何でも欲しい物を持ってきてくれるという彼女にとって非常に快適な場所だったので外に出る必要がなかったからに過ぎない。

  • また、紅魔館の門番であるとの組み合わせも有名(のレミリアと咲夜の対になるように、フランと美鈴の組み合わせが増えた)で、、、「」といったタグが存在する。

とされる場合、話が通じないレベルで暴走して破壊、というキャラになる。

  • 495年の殆どを外界と隔絶して過ごしていたために善悪の区別が曖昧で好奇心旺盛、子供っぽく悪戯好き、純粋で我侭等といった愛くるしい幼女的なもの。

  • 紅星符「超人カタストロフ行脚」 悪夢日曜、弾幕夢6 との合同スペカ。

  • ・背後に魔法陣を背負っている ・ボムバリアでコウモリの姿に変身する でもフランが4人描かれたイラストが多いが、たまにフラン以外の人物が4人描かれたものにもこのタグが付けられている。

スカートは一枚の布を腰に巻いて二つのクリップで留め()、足元はにを履いている。

  • 髪は左側を結んで、サイドポニーにしている。

  • 『そして誰もいなくなった』 フランのテーマ曲やの多くはの『』をモチーフとしている。

  • 類似技• 吸血鬼弱点多すぎ。

分身の能力が固有のものなのか、吸血鬼という種族が持つ能力なのかは不明。

  • 因みに『東方智霊奇伝』では、服装に微妙な差異がある。

  • 能力 名称通り、対象が(『』では全ての物質)ならば問答無用で直接破壊できる能力である。

  • 背後に魔法陣があるものが本体。

表に出してももらえない エルジェーベトは晩年チェイテ城の扉も窓も完全に封鎖され、完全な暗闇になった自身の寝室に生涯幽閉されたとされる。

  • は大抵の作品で、大量のコウモリに分身してはいる。

  • txtで「ああ、そうか、あいつのこと忘れてたわ」などと言っており、姉からどう思われているかは殆ど描写が無いが、『』ではをフランドールのにするのはどうかというやり取りがある辺り教育しようという考えはあるようだ。

  • スペル宣言時は本物から偽者が分裂していくのではなく、画面外から他の3体がやってくる。

人物関係 基本的に閉じ篭っているため、公式な人物関係は姉を除いてほとんど存在しない(「食用に加工された人間以外の人間を見たことがない」という台詞から、主人公たちと会う前はとも面識がなかった、もしくは人間にカウントしてなかった可能性がある)。

  • 彼女はの主の妹で、姉と同じ。

  • 容姿 一言で言えばとかの範疇で、『』のの項目には「十にも満たない幼児のよう」、フランの項目には「背丈や年齢は姉のレミリアと同程度に見える」と書かれている。

  • 『求聞史紀』によれば紅魔館の野外パーティにも参加せず館内を歩くそのシルエットのみが確認されていた他、『』(漫画版)のロケット完成記念パーティ(紅魔館内で開催)でも姿は見られなかった。

これについてものほうをご覧ください。

  • パチュリーの件でフランに疑惑を持ったレミリアに対し、逆にフランは疑惑をもたれたことを暴れる口実が出来たと語るなど、およそ人間の常識の範疇を超えたやや危険で人外の吸血鬼の姉妹らしい内容であった。

  • の場合は、原作における狂気設定と原作や文花帖での冷静なやりとり、問答から作られたもので、1. オーエンは彼女なのか? 呼称 ,ちゃん,妹様 ネ実東方スレ こいんいっこいれる。

  • オーエンは彼女なのか?」は、アガサ・クリスティの推理小説「そして誰もいなくなった(And Then There Were None)」が元ネタ。




2021 piquora.com