コン トレイル サリオス - 【大阪杯】再戦!コントレイルvsサリオス 現場記者の分析から探る“逆転の可能性”

トレイル サリオス コン JRA大阪杯「なぜ」コントレイル・グランアレグリアは敗れた

トレイル サリオス コン 【皐月賞 2020

トレイル サリオス コン 【大阪杯】コントレイルとサリオスを相次ぎ消去! ハイブリッド式消去法が導き出した“3強”以外の本命候補とは|【SPAIA】スパイア

トレイル サリオス コン JRA皐月賞「完勝」コントレイル「完璧」サリオス2着「完敗」サトノフラッグ5着「3強」に明暗……

トレイル サリオス コン JRA皐月賞「完勝」コントレイル「完璧」サリオス2着「完敗」サトノフラッグ5着「3強」に明暗……

コントレイル (競走馬)

トレイル サリオス コン 【大阪杯】再戦!コントレイルvsサリオス 現場記者の分析から探る“逆転の可能性”

トレイル サリオス コン 【皐月賞 2020

JRA大阪杯「なぜ」コントレイル・グランアレグリアは敗れた

トレイル サリオス コン 【大阪杯】再戦!コントレイルvsサリオス 現場記者の分析から探る“逆転の可能性”

トレイル サリオス コン 【日本ダービー登録馬】コントレイル2冠へ 逆転なるかサリオス距離にメド

トレイル サリオス コン JRA大阪杯「なぜ」コントレイル・グランアレグリアは敗れた

JRA大阪杯「なぜ」コントレイル・グランアレグリアは敗れた

いい位置で我慢できて最後も伸びてくれた。

  • 陣営は敗因に馬場の悪化及び前半での出遅れを挙げていた。

  • 出走予定であった宝塚記念を大阪杯出走による疲労が抜けていないことを理由に宝塚記念を回避することが発表された。

  • 4つ目のデータを終えて、残っているグランアレグリア、レイパパレ、ワグネリアンの3頭のうち、グランアレグリアとワグネリアンの前走脚質は中団。

最も勝利に近いと見られているのは、やはり皐月賞と同舞台である中山・芝2000mのホープフルS(G1)を制したコントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)だろう。

  • 出典 [ ] 2019年11月16日閲覧。

  • 4 506 0 栗 橋口慎介 8 7 15 フライライクバード 牡3 56 福永祐一 2. 4コーナーではデアリングタクトの背後に迫り、直線に向いて馬場の大外に持ち出し、出走馬中最速の上がり34秒3の末脚を繰り出して前へ詰め寄った。

  • 正直、『1800メートルまでがギリギリかも』という気持ちもあったが、この内容なら少なくとも2000メートルは大丈夫でしょう。

また、の『』からは、翌2021年の凱旋門賞の前売りオッズでコントレイルを8倍タイの一番人気に据えられ、当年の凱旋門賞で有力視されながらも道悪を理由に回避したの二冠牝馬と同等の評価を受けた。

  • そういった皆様の 「迷い」を解消しようというのが、今回のコラムの狙いだ。

  • 文:細江純子. 本当に驚いた。

  • 一方で、自ら脚を使うことでのスタミナロスも小さくない。

この内容を評価され、次走のホープフルSでは1番人気の支持を受けた。

  • よし少しリラックスしよう。

  • これについては、2021年1月17日付け2面に掲載された、プロ野球の監督に就任したとの対談形式のインタビュー取材記事において、三浦からジャパンカップの出走について頭にあったのかと問われ、矢作は、「>ありましたけど、菊花賞のレースを見たらちょっと無理だなと。

  • 本当に強い。

但し重馬場だったし、今の東京のパンパンの馬場は果たしてどうなのかなと見ていたが、、、 堂々、2分23秒台の高速決着をものともせずに掲示板を確保。

  • 皐月賞において無敗馬が1、2着となったのは1984年のグレード制導入以降初のことであった。

  • 繰り返すが、指数詳細解析はこの後ではあるのだが、恐らく「2頭が抜けて強かった」賛辞が大半になってくる見た目の印象だっただろうし、ここは内容よりも客観的数値(時計)をプッシュしたほうが得策と判断している。

  • 「今日はコントレイルにとって、決して楽な展開ではありませんでした。

そうなるとコントレイル(ホープフルS勝ち)、サリオス(朝日杯FS勝ち)は?ということにここでもなる。

  • 競走成績は2021年4月4日現在 血統 [ ] 血統背景 [ ] 父のについては同馬の項を参照。

  • ただし、ゴルシの時のように、ステイフーリッシュ AJCC(ルメール騎手)のように、そこまでインがすっからかんというわけでもなく、加えて結果的にただ悪いところを通った格好の馬場状態。

毎日王冠の距離1800mは天皇賞の2000mとわずか200mの違いでしかない。

  • スタートが切られると、福永から軽く促されて中団のやや前目のポジションに付けた。

  • 史上8頭目となる牡馬クラシック三冠を無敗で達成した。

  • 5倍の1番人気に支持されたが、レース前にで暴れ、これで振り落とされたムーアが左肩を強打するアクシデントが起きた。

2018年の()以来となるダービー2勝目をあげた福永は、「どうしても遊んでしまうところがあるが、逆に考えると遊びながらダービーを勝ったわけだから相当優秀な馬。

  • 素直にリスペクトするしかありません。

  • 【今年の該当候補】 ・グランアレグリア ・ワグネリアン 5つの消去データを確実にクリアしたのはレイパパレただ1頭。

  • しかし阪神内回りの2000mという点ではサリオスに適性の高さを感じます。




2021 piquora.com