エリクソン の 発達 理論 - エリクソンの生涯発達理論(ライフサイクル論・発達段階・発達課題)|保育の心理学・社会的養護・教育原理 │ WorkLink保育

発達 エリクソン 理論 の エリクソンの漸成的発達理論

発達 エリクソン 理論 の 心理社会的発達理論

エリクソンの「発達段階」を知ろう。年齢別「発達課題」はクリアできてる?

発達 エリクソン 理論 の 人はどうやって成長していくのか?エリクソンの発達段階理論を解説

エリクソン,E.Hのライフサイクル理論とは!人生の8つの発達課題

発達 エリクソン 理論 の エリクソンの生涯発達理論(ライフサイクル論・発達段階・発達課題)|保育の心理学・社会的養護・教育原理 │

エリクソンの発達段階に応じた年齢別発達課題とは

発達 エリクソン 理論 の エリクソン,E.Hのライフサイクル理論とは!人生の8つの発達課題

【保存版】エリクソンの発達段階・発達課題とは?ライフサイクル理論まとめ

発達 エリクソン 理論 の エリクソンの発達段階とは|特徴や概要を徹底解説

発達 エリクソン 理論 の 【保存版】エリクソンの発達段階・発達課題とは?ライフサイクル理論まとめ

発達 エリクソン 理論 の エリクソン,E.Hのライフサイクル理論とは!人生の8つの発達課題

発達 エリクソン 理論 の 【キャリコン】抑えるべき6つの発達理論【発達段階表有り】

エリクソンの発達段階説とは? 8つの段階まとめ

発達 エリクソン 理論 の 心理社会的発達理論

エリクソンのライフサイクル理論では、それぞれの発達の段階に応じた発達に対する課題というものがあります。

  • 幼い頃から受けてきた差別と父親の所在が不明という状態は、エリクソンの思想や理論に大きな影響を与えました。

  • 子育てや、親としての自分の立ち位置を考える際の判断軸として、活用できるなと感じています。

  • 世代性は、結婚して子どもを育てることだけでなく、社会的な業績や芸術的な活動なども含まれます。

また、子どもが失敗するたびに叱り続けてしまうと、子どもに羞恥心を覚えさせてしまいます。

  • 赤ちゃんの頃は、排せつや着替えに周囲の手を借りていましたが、積極的な挑戦や親のしつけによって徐々に自分でできるようになっていきます。

  • また、エリクソンは金髪に青い目で他と異なる見た目だったため、ユダヤ人社会・ユダヤ教会からは「異邦人」、地元の学校では「ユダヤ人」と呼ばれ、二重の差別に合いアイデンティティに苦しんでいました。

  • 発達課題は、かみ砕いて言えば各段階で乗り越えるべきテーマといえるでしょう。

自我が芽生え、何につけても「いや!」「自分でする!」とゆずらず、親の言うことに反抗する時期でもあります。

  • 「死」を受け入られないと、さまざまな衰えに対してのなどを抱く(絶望)。

  • 「どうして?」と質問攻めにしてくる好奇心旺盛な子もいるでしょう。

  • 【学童期(school age)】 5歳~12歳 【心理社会的危機】 勤勉性(完成)対劣等感(industry vs. どんなに優れたアーティストでも、作品を受け取る相手もいない、社会的に完全に孤立した状態では、いい作品は生み出せません。

自分のやりたいように振る舞いつつ「きみらしいね」と仲間から認められることで、「そうか、自分はこういう人間なんだ!」と自覚でき、自分らしさに忠実に生きようとする「 忠誠(fidelity)」の力を獲得するのです。

  • また、発達段階で関わる人物や具体的に何を通して課題をクリアしていくのかということもまとめられています。

  • 人間の赤ちゃんは無力で、ひとりでは生きられません。

  • isolation)」です。

価値観崩壊 老年期(60歳以降) 老年への過渡期 死を受容しつつも、新たな生への希望を獲得する時期。

  • そのため、自分のやりたいことがハッキリしていないと、職業を一つ選ぶということ自体がとても難しいことなので、他の可能性を捨てきれず、転職を繰り返したりするのです。

  • 幼児前期は、食事やトイレのトレーニングなど最初のしつけが始まるタイミングです。

  • 「今」だけの視点ではなく、「将来」を見越した支援が必要なんですよね。

この辺が有名な理由です。

  • だからおもしろい」など、うまく折り合いをつけられるのです。

  • こうして、エリクソンは発達心理学の大家となりました。

  • 自分の家庭を築くことが難しくなってしまうでしょう。

時と場合に応じた振る舞い方を教えることで自分はなんのために行動をとるのか意味が持てるようになります。

  • 乳児期に直面する心理社会的危機は「信頼感対不信感(trust vs. 成人期(後期)は自己満足や自己陶酔から抜け出し、次世代を育てることに目を向けて、自分の知識や経験を伝えることで「世代性」を育んでいくことで「世話」が獲得されます。

  • いつからできるか子ども任せにすることで、子どもは「 意志(will)」という力を獲得できるのです。

  • 親密性を得るためには、自分自身の価値観や考えをしっかりと持ち、違う価値観や考えを持つ人を受け入れる必要があるため、青年期にアイデンティティを確立している必要があります。




2021 piquora.com