優里 かくれんぼ 歌詞 - ドライフラワー【優里(ゆうり)】歌詞の意味を考察!「かくれんぼ」で出ていった「君」の心情は?

かくれんぼ 歌詞 優里 かくれんぼ 歌詞『優里』

かくれんぼ 歌詞 優里 優里(歌手)の出身/年齢/プロフィールは?彼女やかくれんぼの歌詞も!

かくれんぼ 歌詞 優里 かくれんぼ 歌詞/優里

かくれんぼ 歌詞 優里 優里(歌手)の出身/年齢/プロフィールは?彼女やかくれんぼの歌詞も!

かくれんぼ 歌詞 優里 優里 かくれんぼ

かくれんぼ 歌詞 優里 かくれんぼ

かくれんぼ 歌詞 優里 かくれんぼ【優里(ゆうり)】歌詞の意味を考察!子供っぽい「僕」の後悔とは?

優里「かくれんぼ」が切なすぎる!もう戻ることのない彼女との別れに涙

かくれんぼ 歌詞 優里 優里 ピーターパン

かくれんぼ 歌詞 優里 優里 ピーターパン

かくれんぼ 歌詞 優里 【優里】かくれんぼ-歌詞翻譯 4

かくれんぼ 歌詞『優里』

彼も心のどこかでそれをわかっている様子。

  • しかし、「貴方」は気づかないのか、自分の話ばかりしていて伝えられません。

  • — かさい。

  • 良かれと思って別れを告げたのにこんなに苦しんでしまうのはおかしい。

多分、私じゃなくていいね 余裕のない二人だったし 気付けば喧嘩ばっかりしてさ ごめんね ずっと話そうと思ってた きっと私たち合わないね 二人きりしかいない部屋でさ 貴方ばかり話していたよね もしいつか何処かで会えたら 今日の事を笑ってくれるかな 理由もちゃんと話せないけれど 貴方が眠った後に泣くのは嫌 声も顔も不器用なとこも 全部全部 嫌いじゃないの ドライフラワーみたい 君との日々もきっときっときっときっと 色褪せる 多分、君じゃなくてよかった もう泣かされることもないし 「私ばかり」なんて言葉も なくなった あんなに悲しい別れでも 時間がたてば忘れてく 新しい人と並ぶ君は ちゃんとうまくやれているのかな もう顔も見たくないからさ 変に連絡してこないでほしい 都合がいいのは変わってないんだね でも無視できずにまた少し返事 声も顔も不器用なとこも 多分今も 嫌いじゃないの ドライフラワーみたく 時間が経てば きっときっときっときっと色褪せる 月灯りに魔物が揺れる きっと私もどうかしてる 暗闇に色彩が浮かぶ 赤黄藍色が胸の奥 ずっと貴方の名前を呼ぶ 好きという気持ち また香る 声も顔も不器用なとこも 全部全部 大嫌いだよ まだ枯れない花を 君に添えてさ ずっとずっとずっとずっと 抱えてよ. 彼女がいなくなってしまったことを「かくれんぼ」に例えています。

  • この辛さを紛らわすように「かくれんぼ」を引きずる「僕」の姿が浮かびます。

  • そして、元々は「失恋ソング」を作ろうと思っていたわけではなく、 「かくれんぼなんかしてないで」からふくらませてできた曲ですね。

  • ここが重要。

「君」はもう会わないことを承知の上で言っているのですが、純粋な子供の心を持っている「僕」は「またね」を真に受けて別れに納得がいってない様子です。

  • ですので、この曲のタイトルに込められた想いとしては、無邪気に「心と心で繋がっていた2人の想い」が今はもう通わない=「彼女の頭の中から自分が消えたこと」をかくれんぼで表現することによって強烈な寂しさを演出しているのではないかと考察できます。

  • 「君」のいない事実を受け入れたくない「僕」 「君」に「もういいよ」と言ってもらいたいけど、出ていった「君」には届かない。

  • だから 「きっときっときっときっと、色褪せる」と願望混じりの確信に縋ってしまうのです。

ここで「もういいよ」と話し合っていたら、二人はどうなっていたのでしょうか? 1番のサビから時間が経ち、「多分今も嫌いじゃない」ことを認めます。

  • (MVにもドライフラワーを前に涙する彼女が映っています) まとめ 歌詞をみると女性目線での失恋ソングなんだなーと分かりますが、• 今更戻ってもうまくいかないことはわかっている「私」はまた「きっと」を繰り返し自分に言い聞かせます。

  • 冷静になって「貴方」と過ごした日々を見直した「私」は、時間が経てば忘れていく(色褪せていく)ということを再確認します。

  • イライラが積み重なり、お互いに余裕がなくなってしまっていた日々に対して「ごめんね」とそっと謝ります。

「僕」の発する「もういいかい」だけが虚しく繰り返されます。

  • z5kasai いなくなった理由を探す「僕」 「僕」は別れを切り出された理由を探し始め、「ズル」をしてしまうような「僕」の子供っぽさが原因であることに気が付き始めます。

  • いつまで子供のままでいる?そんな言葉がふりかかる 黙って見てればいんだ笑ってそういってやれ 人生にはないんだ take2 平凡でくだらない退屈 なんてごめんだ 現実的な 言葉なんかにゃ耳をふさげ ネバーランドに閉じこもって いつまでだって夢を語るんだ 笑う奴には 唾を吐け にっちもさっちもいかない? 綺麗事に踊り踊らされ 大人の言う常識なんてものは 丸めて捨てちまえ ピーターパン症候群と指をさされ 罵られようが おとぎ話みたいなハッピーエンドを 思い描いて生きていくんだ こっち指差して笑ってんだろ 好きに笑えよそれで別にいいさ お前なんかにそうお前らなんかに なにも言われたくない 黙って見てろ やり直しのきかない人生 一度でいいチャンスをください 掴んで離さない もう俺のものなんだ ネバーランドの大気圏を 破って今夢をかなえるんだ 笑う奴など蹴り飛ばせ 打つ手はない残されてない? ネガティブを押し付けてくんな 大人のあんたも知らない世界を 俺は生きてるんだ ピーターパン症候群と 思われたって馬鹿にされたって おとぎ話みたいなハッピーエンドに 一直線に進んで行くんだ 夢の見過ぎと馬鹿にされた少年が 夢を掴む物語を 見事な逆転劇をこの手で 巻き起こせ 見せつけろ にっちもさっちもいかない? 綺麗事に踊り踊らされ 大人の言う常識なんてものは 丸めて捨てちまえ ピーターパン症候群と 指をさされ 罵られようが おとぎ話みたいな ハッピーエンドを そう自ら掴みとるんだ. あんなに悲しい別れでも 時間がたてば忘れてく 新しい人と並ぶ君は ちゃんとうまくやれているのかな もう顔も見たくないからさ 変に連絡してこないでほしい 都合がいいのは変わってないんだね でも無視できずにまた少し返事 続く2番歌詞でも彼女の葛藤が綴られていく。

  • その心情を考えると、肯定の色が強くなるというのは、後悔の念が増していることを意味するのではないでしょうか。

そして、最初のポイントはまさにこの「かくれんぼ」という遊びなのかなとも考えられるのではないでしょうか。

  • そういった別れ後のすれ違いにより、彼は 「グッバイ」と言って彼女を諦めてしまう。

  • おそらく「君」には好きな人がいて、自分のことなど気にもとめていないということに、気がついたのではないでしょうか? 「君」が戻ってこない理由もすべて理解した上で「ひとりにしないで」という「僕」の悲しみが歌われています。

  • もういいかい、もういいよ。




2021 piquora.com