レオン アート - レオンアート(LEONART) ベッセル125

アート レオン マニアック過ぎるかもしれないが、好きな125ccバイクを勝手に紹介する話。~レオンアート デイトナ編~

排気量125ccの原付二種なのに車重は180kg。|ガチムチ系本格クルーザー、レオンアート・PILDER 125試乗|Motor

アート レオン かっこよくて走りも面白い! スペイン発の原付二種

マニアック過ぎるかもしれないが、好きな125ccバイクを勝手に紹介する話。~レオンアート デイトナ編~

アート レオン レオンアート(LEONART)の販売店はどこにある?価格や発売日、車種ラインナップは?

「巨大すぎる125ccクルーザー!」ハーレーより長い、レオンアート・パイルダー125試乗(モーサイ)

アート レオン 【エンジン音】噂の2気筒 原付二種・レオンアート「ヘリテイジ125」と「パイルダー125」現車を確認!

小さなエンジンの巨大マシン スペイン発の「レオンアート」が面白い!

アート レオン 【レオンアート】車種・価格・販売店一覧まとめ【125ccラインナップ】

アート レオン 【エンジン音】噂の2気筒 原付二種・レオンアート「ヘリテイジ125」と「パイルダー125」現車を確認!

アート レオン マニアック過ぎるかもしれないが、好きな125ccバイクを勝手に紹介する話。~レオンアート デイトナ編~

アート レオン 「巨大すぎる125ccクルーザー!」ハーレーより長い、レオンアート・パイルダー125試乗(モーサイ)

小さなエンジンの巨大マシン スペイン発の「レオンアート」が面白い!

アート レオン 「巨大すぎる125ccクルーザー!」ハーレーより長い、レオンアート・パイルダー125試乗(モーサイ)

アート レオン レオンアート「トラッカー125」インプレ・解説 面白い原付二種を探している人、注目!

会社としては 1985年に設立されており、 工業機械や産業機械の開発や製造を行っている会社のようです。

  • 巨大なバイクの代名詞ともいえるハーレーダビッドソンのラインアップ中で、最もホイールベースの長い「ブレイクアウト」(1746cc)の全長は2370mm……パイルダー125はそれよりも長いのである。

  • エンジンを始動すると、抜けの良い少々勇ましい排気音が耳に入る。

  • 身長178cmの筆者では許容レベルではあったが、身長が低い人だとハンドルに手を伸ばすと突っ張ってしまう可能性があり、その点は少々厳しいかもしれない。

そこで製作される 「シンプルな」小排気量のオートバイ。

  • Contents• ただ、そのロイヤルエンフィールドとの契約を終了する事が2020年に決定した。

  • そちらも参考にしていただきたい。

  • 古き良きヨーロピアンスタイルとでも言いましょうか? これまた水冷2気筒を搭載しており、現在では非常に珍しい125ccカフェレーサーと言えそうです。

どっちもガキの頃、よく聴いていたなー。

  • これはカーブの大小にかかわらず、速度が低くあまり寝かさないような場面でも変わらなかった。

  • ギヤ比が低いこともあって、発進は楽々だ。

  • 有効なパワーバンドも3,500から8,500rpmまでと広く、吹け上がり速度も少しシャープになっている。

気楽なクルージングはお手のものである。

  • 特徴的なえくぼを持ったタンクと雰囲気を出すカフェシートの愛称は抜群! セパハンで無い所が唯一のもったいないポイントと言えるでしょう。

  • 特徴的な倒立フォークも片持ち式スイングアームに装着されるサスペンションも動きが少々渋くて(試乗車の走行距離がまだ短かったこともあるだろうか)、路面の状態が悪いところでは突き上げもそれなりにあるが、シートのクッションがだいぶカバーしており、乗り心地はまあまあといったところ。

  • ブラック 今回、二日に分けて4台のレオンアートに試乗した、外観デザインも細部の仕上げも別格の高級感を醸し出されていたモデルが今回のPILDER 125である。

前後サスペンションはやや硬めで乗り心地良好とはいえないが、この出来のいいシートとミッドコントロールで踏ん張りやすいステップによって、それほど悪くない乗り心地になっている。

  • とはいえ、このピンクナンバーさえ目に入らなかったら、これらのバイクを125ccだとすぐに看破する人は少ないだろう。

  • (ライダー身長166cm) [写真タップで拡大] 続いてパイルダー125だが、こちらはホイールベースが実測で約1670mmにもなる堂々の車格。

  • バイク好きの方だろうか。

ただし、置き場所のスペースについては、通常の125ccの感覚では考えないほうがよさそうかも……。

  • ちょっとおおげさかもしれないが、ひと昔(ふた昔?)前のドゥカティのスポーツバイクが持っていたような、ライダーの操作にとてもシビアな代わりにコーナリングが決まると得も言われぬ快感が待っている……みたいな世界観を、その100分の1くらいのシビアさで深いバンク角も必要とせずに垣間見ることができる、と言ったら伝わるだろうか。

  • ロー&ロング・フォルムと、車体まわりの随所がカバーリングされて隙間が埋められたデザイン処理が新鮮。

  • レオンアートのほかの並列2気筒モデルが最高出力12ps/5速ミッションなのに対して、パイルダー125は唯一6速ミッションを装備しており、非公式ではあるが最高出力も約15psまで高められたハイチューン版だという。

コーティング剤特有のニオイも少ないから、ガレージや事務所内などでも使いやすいですよね。

  • レオンアートのラインナップと価格一覧 いずれも原付二種免許で乗れる125ccのバイクです。

  • また、初心者には危なくない範囲でライディングのイロハを教えてくれるという、いい教科書になるかもしれない。

  • 前後連動式のブレーキはディスク式(前後シングル)、フロントフォークはブーツ付きの正立式を採用していた。




2021 piquora.com