フィール オーライ - マキバオーシリーズの世界における年表

オーライ フィール マキバオーシリーズの世界における年表

オーライ フィール 『マキバオー』シリーズがついに完結! 作者・つの丸が激白する「本当に描きたかったもの」

オーライ フィール マキバオーファンに質問です!!

マキバオーシリーズの世界における年表

オーライ フィール マキバオーシリーズの世界における年表

オーライ フィール カスケード対ブリッツ対フィールオーライ。最強はどの馬なのか!?(みどりのマキバオー&たいようのマキバオー)

「ウマ娘」と「みどりのマキバオー」でモデルになった競走馬を比較してみた

オーライ フィール マキバオーファンに質問です!!

カスケード対ブリッツ対フィールオーライ。最強はどの馬なのか!?(みどりのマキバオー&たいようのマキバオー)

オーライ フィール 「ウマ娘」と「みどりのマキバオー」でモデルになった競走馬を比較してみた

マキバオーシリーズの世界における年表

オーライ フィール マキバオーファンに質問です!!

オーライ フィール マキバオーファンに質問です!!

たいようのマキバオー

オーライ フィール マキバオーシリーズの世界における年表

ということで、次回はフェブラリーステークスから! ようやくフィールオーライの死から立ち直り自分自身の道を目指すことになったマキバオー。

  • 経済的破綻の近いオーナーの元で売却もままならず、敗北すれば処分の可能性もあったかきつばた記念では猛然と追い込むマキバオーを退けて勝利する。

  • ヒノデマキバオーがで菅助のキツツキ戦法で制する。

  • そして、サトミアマゾン、ニトロニクス、ベアナックル ? といった強豪たち。

モデルとしては上記の血統やその圧倒的な強さ、「宙を翔ける史上最強馬」「英雄」のキャッチフレーズ、主戦騎手の滝川(後述)のモデルがであるためが連想されるが、好位につけて確実に差し切る脚質などが連想される部分もあり、多少の差異も見られる(飯富曰く「ぶっちぎるタイプではなく、相手の力を見極めて無駄に力を使い切らず勝つ」)。

  • グラインドハウスとは違い、同じニトロニクス産駒でも気性は安定している。

  • 本作でも健在で、みどり牧場で余生を過ごしている。

  • 第2巻の巻末の同馬の紹介の項では「正木厩舎」となっているが調教師は真里谷であるため転厩したのか、真里谷が厩務員なのかは不明。

(全5巻) まとめ 今回は、漫画「たいようのマキバオー」の最終話のあらすじとネタバレ、感想をまとめました。

  • 、ミドリマキバオー 誕生。

  • 愛称はハヤト。

  • 前作ではトレンディーな雰囲気のあるの騎手だったが、今作ではアゴ髭が印象的なイケメン騎手として描かれており、まったく顔の感じが変わってしまった。

フェブラリーステークスでは脚を残して直線先頭で迎えたが、切れがなく着外。

  • アマゾンの良き理解者である。

  • ダイナスティ 『W』終盤に初登場。

  • ゴールデンバット 性別:牡 毛色: 生誕:2001年4月20日 血統:父 オジイサン()、母 ゴールドライオン、母父 ストームバット() 主戦騎手:福留隼人 おもな勝ち鞍: 高知競馬が誇る期待のエース。

心にあいた穴は埋めようがないけど、それでも生きていかなきゃいけない。

  • 牝馬として65年ぶりにダービーを制覇し、その後凱旋門賞を狙う。

  • 典型的な馬で、一度ドリーを抑え勝利したこともある。

  • 高知三冠の一冠では、1番人気の期待に応え順当に勝利を収めたが、黒潮ダービーは文太を差しきれず2着となり、その後、オーナーの意向で兵庫の園田に移籍となってしまった。

「たいようのマキバオーW」第15巻・第16巻 W175馬~182馬 参考文献 [ ]. 仕方ねえさ、あいつは今まで理想や夢など抱くことができる環境になかったんだ。

  • 世間的には「誘拐」され「失踪中」ということになっていたが、スタッフもその所在については把握しており、競馬の知識を活かして文太へ走り方のアドバイスを行ったり、砂浜と波打ち際でのリハビリなどを黙認しながら確認していた。

  • 現在の競馬の芝至上主義に対しても反骨心を抱いており、その異常なまでの負けず嫌いと一切の妥協を許さない勝負根性はファムファタールを以てして素直に「まったくかなわない」と発言するほど。

  • 文太が引退をかけて臨んだフェブラリーステークスではバスター、文太とのデットヒートを繰り広げ文太に半馬身差で敗北。

高知3歳では敵なしとなった文太が古馬戦に挑戦したときの対戦相手となった。

  • ・さらにトータルケイオスとイースタンプロミスが追い込みをかけてくる。

  • そんな馬がフィールと出会い反応した。

  • 3連複で、軸にして1万5千。

だがそれでも彼は諦めず、1か月で乗りこなしてみせると周囲に宣言し、さまざまな訓練をこなして 、1か月後のデビュー戦では最下位ながらも完走を果たしてみせた。

  • 「泣いてスッキリしてんじゃねえよ!」って思っちゃう。

  • 世間的にはフィールオーライの宿敵と言われており、レースでは並んだら抜かせない勝負根性が売りだが政虎の分析では「フィールの壁であろうと自ら押し上げた」結果らしい。

  • どうなんでしょうね……答えは作者にしかわからないですね……ただ、推測というか、妄想することは出来ます。




2021 piquora.com