中国 バッタ - バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国) (2020年2月29日)

バッタ 中国 10万羽アヒル軍でバッタ退治 中国発ニュースはデマなのか

バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国) (2020年2月29日)

バッタ 中国 中国南部の雲南省でバッタ被害拡大 ラオスから飛来

バッタ 中国 雲南省でバッタ被害拡大 ラオスから飛来

バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国) (2020年2月29日)

バッタ 中国 中国に新型コロナ以上の被害!200兆匹バッタが日本に来る!?

サバクトビバッタはインドへ、中国にはもっと怖い害虫ツマジロクサヨトウが

バッタ 中国 #80 コロナの次は「バッタ2000億匹」

バッタ 中国 サバクトビバッタについて

バッタ 中国 サバクトビバッタの現在地はどこ?最新2020年7月の地図情報

バッタ 中国 中国南部の雲南省でバッタ被害拡大 ラオスから飛来

コロナの次は「世界最凶」バッタ大群がアフリカからインドに侵入! 中国、そして日本は大丈夫か?(2) : J

バッタ 中国 バッタ、豚熱、大洪水…飽食の終わりが迫っている (2ページ目):日経ビジネス電子版

バッタ 中国 新たなバッタの群れが、東南アジアから中国にかけて出現。「黄色角竹バッタ(YSBL)」。竹や稲等を食べ尽くす。中国・雲南省等ですでに被害発生(RIEF)

新たなバッタの群れが、東南アジアから中国にかけて出現。「黄色角竹バッタ(YSBL)」。竹や稲等を食べ尽くす。中国・雲南省等ですでに被害発生(RIEF)

すなわち、自然と人間活動の両者がバッタ問題終息のカギを握っている。

  • 湖北省孝感市の幹部もラジオ・フリーアジアに対し、孝感市が穀物の作付けに村民を動員し、水田1ムーに対し150元の補償金を支払うことになったと明かしました。

  • 補償金が少なすぎて農家の意欲をかき立てることができない」 四川省成都市農業農村局の幹部は、「畑を掘り返して穀物を作付けする」ことは全国的な任務で、補償金の基準は地方ごとに異なるといいます。

  • 中国農業農村部は、「今年のバッタはラオスから中国へ入ってくる時期が早く、ピークの数も多く、虫の数も多い」と警告を発している。

今年年初には公害の被害を受けたインドは、再び天地を覆い尽くすバッタの海に面しており、普通の人はどうにもならないと嘆くしかない。

  • 特に大量の雨が降ると発生し、7月から9月までに大発生による展開が予想されている。

  • 実際、インドでは反中世論が噴出。

  • インドから中国に渡るには、標高の高いヒマラヤ山脈を超える必要があります。

Q15 現在の防除方法は? A 化学薬剤又は市販されている昆虫病原糸状菌( Metarhizium属糸状菌)の散布が主流。

  • その記事によると、の中国いりの可能性は無くなった。

  • 一つの群れが4000万~8000万匹の大群で構成され、一日に70マイル(約112km)以上を飛行する。

  • しかし、インドやタイ、フィリピン、ベトナムなど各国政府は、緊急事態時に自国の食糧を確保するよう、小麦やコメなどの輸出を規制した。

雲南省でも山岳地帯が多く、ドローンなどで殺虫剤を散布しているが、完全に駆除するのは極めて困難な状況だという。

  • 」 『中国でのイナゴの侵入のリスクは比較的低いですが、侵入すると、未知の発生法、監視技術の欠如、困難な予防と制御など、多くの不確実性に直面します。

  • Q5 なぜ世界中にサバクトビバッタは生息していないのか? A サバクトビバッタは乾燥に適した種であり、通常は半乾燥地帯に生息し、大雨が降ると大発生する。

  • 一方で「この種のバッタは毒があるから食べられないよ」との指摘も多く見られた。

惨劇を繰り返さないためにも、国際社会が連携し、最低限の防除体制が継続される社会システムの構築が望まれる。

  • しかし、中国各地では、異常気象により在来種バッタも大量に発生している。

  • 歴史をふり返ると、中世という時代が終わり、近代の幕が開いた14〜15世期のヨーロッパでは、ペストが蔓延しただけでなく、バッタの襲来も相次いでいたことが、で明らかになっている。

  • 風に乗って移動した先に雨が降っていることが多く、結果として餌となる植物、産卵に適した地域に到達することができるとされている。

4ヘクタールの土地でイナゴが発生しました。

  • 一方、トノサマバッタは雪が降る地域や高湿度地帯に適応しているなど、それぞれのバッタはそれぞれの環境に適応し、世界の穀倉地帯には固有のバッタが生息している。

  • もし中国でバッタが大量発生し、穀物を食い荒らせば、他国からの輸入を増やし、国際価格に影響を与えるだろう。

  • ちょうど中国からパキスタンにバッタ対策の専門家チームも派遣されていた。




2021 piquora.com