カイト 嵐 歌詞 - 嵐

歌詞 カイト 嵐 カイト 嵐

歌詞 カイト 嵐 嵐

歌詞 カイト 嵐 カイト

歌詞 カイト 嵐 カイト 嵐

歌詞 カイト 嵐 嵐

歌詞 カイト 嵐 嵐「カイト」米津玄師のこだわりとは?歌詞に隠された意味に感動がとまらない!

嵐 カイト

歌詞 カイト 嵐 カイト 歌詞『嵐』

米津玄師が嵐に提供した「カイト」の歌詞の意味考察してみた!ここがスゴイ!ポイント解説

歌詞 カイト 嵐 カイト

歌詞 カイト 嵐 嵐 カイト

歌詞 カイト 嵐 嵐 カイト

星には膨大な「気」が宿っており、それぞれの星に宿る「気」をそれぞれの星の神は司っています。

  • 米津自身の楽曲にも時折このような意味を持たないフレーズが登場します。

  • まるで自分が叶えることができなかった夢をカイトに託しているようにも感じるこの描写は、今の主人公が幼き日に抱えた夢を叶えれなかった「悲しみ」を取り払うための儀式のようにも取ることができる重要なシーン。

  • そういった構造を「その糸の繋がった先まで帰る」という歌詞は表現しています。

『パプリカ』でも「一番星」は歌詞に登場する程ですし、『パプリカ』も結局は神々のことを伝える歌で『カイト』と繋がっています。

  • この「風が吹けば」の部分は 「時がくれば」という意味合いです。

  • All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

  • つまり、「カイト」とは「神」のことであって、「カイト」から伸びる「糸」とは「縁」のことを表現しています。

つまり、我々は神からの「気」を持つことで、神々の精神性を学んでいます。

  • さまざまな人の心内が交差する「カイト」 非常に素晴らしい楽曲だなと改めて。

  • それは、神々の物の見方を学んでいるとも言えます。

  • 「ラル ラリ ラ」は、米津玄師の『パプリカ』と繋がる歌詞です。

「嵐の中をかき分けていく小さなカイトよ」 「悲しみを越えてどこまでも行こう」 「そして帰ろう その糸の繋がった先まで」 我々は死ねばあの世に行き、そこで自分を支えてきた神々と会うことになります。

  • 「小節」、「歌全体」、「パプリカ、カイト、パプリカ(個人的には、最初Foorin、最後米津さんのパプリカ三曲の循環と考えています)」と、強い想いをとばすループが幾重にも広がります。

  • 【嵐がこの歌を歌うことの価値】 嵐の5人は非常に神懸かった人間で、長年の間、神々の使いとして日本を支えてきました。

  • 【『カイト』のテーマ】 この曲はそれぞれの人間が持つ、「神との繋がり」=「縁」を表現しています。

主人公が夢見る未来は一体どんな世界なのか。

  • 米津自身の楽曲にも時折このような意味を持たないフレーズが登場します。

  • それは、神々の物の見方を学んでいるとも言えます。

  • もう一度サビを載せてみます。

出だし「小さな頃にみた」から、「高く飛んでくカイト」そして「一番星」。

  • 小さな頃に見た 高く飛んでいくカイト 離さないよう ぎゅっと強く 握りしめていた糸 憧れた未来は 一番星の側に そこから何が見えるのか ずっと知りたかった 母は言った「泣かないで」と 父は言った「逃げていい」と その度にやまない夢と 空の青さを知っていく 風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて 君の夢よ 叶えと願う 溢れ出す ラル ラリ ラ 小さな頃に見た 大きな羽のカイト 思い出よりとても古く 小さい姿でいた 憧れた未来は いつもの右ポケットに 誰も知らない物語を 密かに忍ばせて 友は言った「忘れない」と あなたは言った「愛してる」と 些細な傷に宿るもの 聞こえて来る どこからか 風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて 君の夢よ 叶えと願う 溢れ出す ラル ラリ ラ 嵐の中をかき分けていく小さなカイトよ 悲しみを越えてどこまでも行こう そして帰ろう その糸の繋がった先まで 風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて 君の夢よ 叶えと願う 溢れ出す ラル ラリ ラ. 風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて 君の夢よ 叶えと願う 溢れ出す ラル ラリ ラ ラル ラリ ラ…. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

  • しかし、こういった日本語の意味や「心」や「気」の本質を見失っている時代においては、その「縁」のことも見失われます。

  • 歌詞を辿りながら、楽曲の持つ前向きなパワーの源を探ってみたいと思います。

このページでは、米津玄師作詞作曲の嵐が歌う『カイト』の持つ神学的意味を解説していきます。

  • 最後の紅白で歌われた嵐のメドレーの中に『カイト』もありました。

  • 日々漫然と生きてるとそういう事は 忘れがちになってしまいますが、 それは決して忘れてはならない事だと 自分を戒める気持ちでこの曲を作りました。

  • そして、遠く果てしないところまできたとしても、糸の先を辿ればいつでも故郷が待っています。




2021 piquora.com