麒麟 が 来る 豊臣 秀吉 - 【麒麟がくる・感想】「藤吉郎(豊臣秀吉)」編|RYU|note

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 麒麟が来るの、秀吉の弟、しんごろうは、秀長のことですか?

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 佐々木蔵之介:「麒麟がくる」で秀吉役 登場は「小物感しかない」と自虐?

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 かっこよすぎ?佐々木蔵之介の秀吉に違和感のワケ「麒麟がくる」

「麒麟がくる」佐々木蔵之介 秀吉役に重圧なし「個人的にご縁」本能寺の変へ「気が抜けない展開」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 細川藤孝と秀吉の密談から裏切りの予感… 『麒麟がくる』が1話で描いた“光秀謀反への3年”(PHPオンライン衆知)

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 駒(麒麟がくる)の正体は秀吉の側室茶々?徳川家康の正室や側室の可能性は?

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 【麒麟がくる・感想】「藤吉郎(豊臣秀吉)」編|RYU|note

佐々木蔵之介:「麒麟がくる」で秀吉役 登場は「小物感しかない」と自虐? 「出世欲が強くがむしゃら」とも…

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 【麒麟がくる】藤吉郎(豊臣秀吉)の母・なか(大政所)ってどんな人?

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 佐々木蔵之介:「麒麟がくる」で秀吉役 登場は「小物感しかない」と自虐?

細川藤孝と秀吉の密談から裏切りの予感… 『麒麟がくる』が1話で描いた“光秀謀反への3年”(PHPオンライン衆知)

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 【麒麟がくる・感想】「藤吉郎(豊臣秀吉)」編|RYU|note

来る 秀吉 豊臣 が 麒麟 佐々木蔵之介:「麒麟がくる」で秀吉役 登場は「小物感しかない」と自虐?

「秀吉は上様に命じられるまま松永を監視し、知り得た情報を正確にご報告したまで。

  • 光秀は、小栗栖(おぐるす:現在の京都市伏見区)にて殺害されました。

  • 一方、光秀の方は特に事前の工作をしていなかったようで、味方がほとんどつかない状態。

  • 無力となった織田家の勢力を自分のものに…。

三女の江は大河ドラマにもなった有名な人物です。

  • 義元の首を奪います。

  • そういう意味で、 秀吉や信長の既存のイメージを覆したいという制作側の狙いがあるのではないでしょうか? また「麒麟がくる」は令和時代に始まった最初の大河ドラマですから、なおさら既成概念に縛られたくないという思いもあるのかもしれません。

  • これは秀吉が関白になってからのことですが、大政所が産んだ「秀吉の兄弟である」として名乗り出た人々が度々現れたようです。

俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。

  • それは役を造形していく中で、とてもヒントになりました。

  • しだいに信長から認められるようになります。

  • 一刻も早く出世したいと思いました」と冗談めかすと、「監督のたっての希望で、木にも登りましたし、楽しく撮影させていただきました。

そりゃ、信長にも目をかけてもらえますよ。

  • 明智光秀の生涯のライバルでもある藤吉郎(豊臣秀吉)なので、登場も多くなるのではないでしょうか。

  • 光秀、信長、秀吉の3人が初めてまみえる場面でもありました。

  • でも、信長はめっちゃ気分屋なので、この家臣二人を気に入っていてよく誉めていたようですが、パワハラ酷かったようですよっ。

今回、信長と秀吉の出会いが描かれてないのは残念ですが、そこを想像で埋めるのも大河ドラマの面白さですよね。

  • 向かう途中に、各地の信長家臣の大名たちと連絡をつけ、味方を増やしていました。

  • 1583年(天正11年)〜1598年(慶長3年)にかけ大坂城を築城。

  • 黄金数十枚という褒美を与えられています。

それまでのただただ立身出世を目指す快活で無邪気なサルから、明らかにステージが上がりました。

  • ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となる。

  • 急ぎ戻り「 山崎の戦い」で秀吉は光秀を討ちました。

  • そこで織田信長も自ら大軍を率いて出陣を決めたことを、秀吉に知らされると、 秀吉は毛利軍に和睦を持ちかけますが、 その最中、信長が光秀に襲撃され死亡。

常にあった母親からの無償の愛情を失った秀吉は、晩年、心身ともに急激に衰えていき、豊臣家崩壊&破滅への道を辿ることになったようですね。

  • 大政所は、再び体調を崩しました。

  • 出世のたびに魅せる様々な表情(駆け引き、野心など)や、 ちょっと茶目っ気があったり、あまり武将武将してなかったり…。

  • 秀吉は長浜城の城主となります。




2021 piquora.com