トライ ブリゲード デッキ - 「LLトライブリゲード」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!早くも環境で注目されている混合デッキ!

ブリゲード デッキ トライ 遊戯王 │

ブリゲード デッキ トライ 【トライブリゲードデッキレシピ2021】の回し方と展開例を紹介!新規カードが増えているテーマ!

ブリゲード デッキ トライ ガチ純鉄獣戦線デッキレシピ鉄獣戦線(トライブリゲード)【ビートダウン】

《最新環境適応型》【鉄獣戦線】(トライブリゲード)デッキ|アロマ|note

ブリゲード デッキ トライ 《最新環境適応型》【鉄獣戦線】(トライブリゲード)デッキ|アロマ|note

ブリゲード デッキ トライ 対応種族の各種デッキに出張し活躍する「鉄獣戦線」

「LLトライブリゲード」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!早くも環境で注目されている混合デッキ!

ブリゲード デッキ トライ 【鉄獣炎王炎星】手札2枚から超展開【デッキレシピ】2020/10制限

ブリゲード デッキ トライ 【遊戯王】鉄獣戦線(トライブリゲード) カード徹底解説【LIGHTNING

ブリゲード デッキ トライ 【鉄獣戦線(トライブリゲード) デッキ】デッキレシピ

《最新環境適応型》【鉄獣戦線】(トライブリゲード)デッキ|アロマ|note

ブリゲード デッキ トライ 【鉄獣戦線(トライブリゲード) デッキ】デッキレシピ

ブリゲード デッキ トライ 鉄獣戦線(トライブリゲード) デッキレシピ・回し方を解説!

【鉄獣戦線(トライブリゲード) デッキ】デッキレシピ

墓地肥やし効果としては、手札から自身を捨てることで墓地肥やし効果を使える 「鉄獣戦線 フラクトール」や墓地へ送られた場合に墓地肥やし効果を使える 「鉄獣戦線 キット」が優秀です。

  • そのままリンク素材にする以外にも、「LL」エクシーズでさらなるサーチを行うことで、デッキ展開を加速させてくれるでしょう。

  • 「炎星」のカードを使い、展開するパターン-《炎星仙ーワシンジン》と《殺炎星ーブルキ》での回し方 組み合わせ方の一つとして「炎星」のカードを使う場合です。

  • 《鉄獣戦線 フラクトール》Bを召喚し、効果で墓地の2体を除外し《炎星仙-ワシンジン》を特殊召喚• 《霞の谷の巨神鳥》1• 《転生炎獣アルミラージ》1• テーマの動きが《》に非常に弱いため初めから 《》をメインに投入し、《》で対応できるようにしておくのもいいと思います。

《魁炎星王-ソウコ》Bの効果で適当な「炎舞」カードをセット• 前者を《王神鳥シムルグ》、後者を《ユニオン・キャリアー》の効果でフィールドに揃えます。

  • 《殺炎星-ブルキ》の効果で自己再生• 《霞の谷の雷鳥》を戦闘破壊されたり、モンスターコストの《禁じられた一滴》を使われる等、穴がないわけではありませんが、それでもなかなか厄介な盤面となります。

  • 《鉄獣戦線 銀弾のルガル》1• 《ハーピィ・コンダクター》を出せば手札からの発動も可。

  • これを基本戦術にして色々展開できそうですね。

《暗炎星-ユウシ》の効果で《魁炎星王-ソウコ》Bを破壊し、《微炎星-リュウシシン》ABを特殊召喚• 0 未来皇ホープ》並びにその派生形を採用しています。

  • 1 :相手メインフェイズに発動できる。

  • 「トライブリゲード」というテーマだけでなく、獣族・獣戦士族・鳥獣族デッキで効果を発揮できると注目を浴びています。

  • 2 :自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。

《十二獣の会局》1• 「鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ」の効果と、墓地に送られた【鉄獣戦線】の効果を発動し、妨害と後続確保を同時に行う。

  • 獣戦士族のエクシーズ素材となっている時に「同名カードをリクルート」効果を付与す• このカードを維持して各炎星の効果に繋げアドを稼ぎます。

  • 《ダイナレスラー・パンクラトプス》1• 罠カードなので発動は遅いですが、効果自体は非常に強力なので採用する価値は十分にありそうです。

  • 《鉄獣戦線 銀弾のルガル》1• 今まで以上に安定感が増し、手札誘発や汎用カードを採用出来る枚数が多くなりました。

対象をとらない除外なので、発動できれば強力な効果になります。

  • 《王神鳥シムルグ》1• 《天霆號アーゼウス》1 【サイドデッキ】(15枚)• 《鉄獣の凶襲》(速攻)• 《貪欲な壺》1• 《炎星仙-ワシンジン》1• 《無限泡影》1 【エクストラデッキ】(15枚)• 《炎王炎環》《炎王の急襲》 バロンでサーチできるためそれぞれピン挿し。

  • サーチなどのサポートが豊富な「炎星」とは展開面でも種族面でも相性が良いので、構築の際に試して見る価値はあるでしょう。

  • 《暗炎星-ユウシ》《微炎星-リュウシシン》Aの2体で《ガガガガマジシャン》をX召喚し、効果で《魁炎星王-ソウコ》Bを蘇生• 《十二獣ヴァイパー》1• どうも、マレウスです。

そのカードを持ち主の手札に戻す。

  • 最後に一言 今回の記事はいかがだったでしょうか。

  • 《十二獣ドランシア》1• 《神鳥の排撃》 下級シムルグの自己再生を阻害する相手の伏せをどかすためのカード。

  • 他にも《》から《》に繋げ、《》の効果によって《》や《》を使いまわすことも可能です。

《十二獣タイグリス》1• そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。

  • 自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。

  • 何かと獣族と縁のあるレベル2、地属性であるところも見逃せませんね。

  • 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する〕があります。

  • 基本的な戦い方 先攻・後攻の選択権があれば、先攻を選択します。

  • そのモンスターとは種族が異なる獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。

  • LLギミックだと鉄獣ギミックが回らない時に素引きで機能しなかったりするから最小限の十二獣ギミックを採用する事で事故の回避と対応力の高さを向上させています。




2021 piquora.com