北条 氏政 - 【戦国武将に学ぶ】北条氏政~秀吉に抵抗し続けた「関東の王」のプライド~

氏政 北条 関東の覇者でありながら評価の低い・北条氏政 【小田原征伐では日本中から集団リンチ状態】

徹底抗戦の末に切腹。最後まで豊臣秀吉に抗った戦国大名「北条氏政」のプライド【後編】 (2020年12月21日)

氏政 北条 北条氏照(大石源三・北条氏輝・北条陸奥守氏照)~北条の戦略家である有能な武将

氏政 北条 バカ殿と呼ばれ続けた北条氏政に光明? 「汁かけ飯」に新解釈:「真田丸」を100倍楽しむ小話(1/2

北条氏政~小田原北条4代目~最大の領土を築くも、生きた時代と合わなかった慎重派で愛妻家で家族思い。

氏政 北条 徹底抗戦の末に切腹。最後まで豊臣秀吉に抗った戦国大名「北条氏政」のプライド【後編】 (2020年12月21日)

氏政 北条 北条氏政 (ほうじょううじまさ)とは【ピクシブ百科事典】

要検討でも写しでもない北条氏政書状への疑問

氏政 北条 北条氏政とはどんな人物だったか?汁かけご飯の逸話とは?

氏政 北条 北条氏政とは~小田原城主・関東覇者への道のりとその最後

氏政 北条 北条氏政は名君だった!秀吉の心変わりで勝ち目を失くした小田原征伐

氏政 北条 北条氏政の生涯エピソードや逸話、最後について|歴史イズム

関東の覇者でありながら評価の低い・北条氏政 【小田原征伐では日本中から集団リンチ状態】

氏政 北条 「北条氏政」の評価はイマイチ?天下人秀吉に最期まで抵抗するも…

織田氏から直接北条氏への援軍要請はなかったと考えられますが、その動きは徳川氏から北条氏に届いていたようです。

  • 『北条氏康と東国の戦国世界 (小田原ライブラリー (13))』(2005年、夢工房)• どんな弁明にも応じない豊臣秀吉に対し、北条氏政・氏直親子が混乱するのも仕方がありませんね。

  • 小田原征伐から最期へ [ ] しかし、明智光秀を討ち、信長の事業を継承したとの対立が待っていた。

  • しかも、謙信・信玄亡き後は、力をつけてきた織田信長とも手を結び、1582(天正10)年の織田軍による武田攻めにあたっては織田方として動いていました。

しかし、氏政は寝返って戻ってきた農民を、許して受け入れてあげるのです。

  • ホワイト企業が故に爪が甘い? 氏政が当主になってからも、父が実権を握っていたので、父が凄いのかもしれませんが、氏政もきちんと踏襲して内政を行っています。

  • 正室の黄梅院は の娘で、 や とは義兄弟にあたります。

  • 更に、父氏康亡き頃には、すでに室町幕府の力は皆無で、信玄が死に、謙信もこの世を去り、 新たに力を付けてきた織田信長や、その臣下に付いた、秀吉も含む有能な武将達が増え、日本中を巻き込む戦となっていきます。

しかし、無能だったのかというと必ずしもそうではありません。

  • 織田家で 以降、 を滅ぼし実権を握った羽柴秀吉 豊臣秀吉 が台頭し、上杉景勝がいち早く豊臣秀吉と同盟していた事もあり、相模・伊豆・武蔵・下総・上総・上野から常陸・下野・駿河の一部に及ぶ240万石を領した北条家も、やがて豊臣秀吉に従属か、徹底抗戦かを迫られる事態となった。

  • 北条氏政は関東を制覇していた後北条氏を滅亡に追い込んだ愚将として評価されていることが多いようです。

  • 武蔵・相模・伊豆のみを領地とする。

のち小田原藩主は阿部氏、稲葉氏、大久保氏と替わって明治を迎える。

  • 彼の治世で(形式上は氏直の代で)後北条氏が実質的に滅んだのは事実だが、それはタイミング悪く秀吉が台頭してきたという要因がほとんどで、結果論に過ぎない。

  • 甲相駿三国同盟の略系図 氏政が家督を継いだのは 永禄2(1559)年のことですが、これは領国内の飢饉に対応できなかったことで氏康が責任をとる形で当主の座を譲り、代替わりしたと考えられます。

  • 北条氏政が北条家の滅亡を 回避できなかったことが、 この逸話を有名なものにして、 北条氏政の評価を低いものにしている話です。

そんな気もしています。

  • さすがに北条氏政も、まで敵に回すのはと思ったのか、まずはのを上させ、の領を名実ともに北条領に帰属させてくれるなら北条氏政が上するとして、が交渉している間に、では臨戦態勢を整えた。

  • これが北条氏政の汁かけ飯の逸話です。

  • この頃、室町幕府の権力も衰えており、朝廷も二つに分かれ、頼れる者は領地や、食べ物を分捕ってきてくれる強い武将だけ。

専門は日本中世史、特に戦国時代史。

  • どうしようと北条家の滅亡は規定路線なのですから。

  • 『異本小田原記』によれば、これは氏康の遺言だったと記されています。

  • 同盟をに破棄されたものの、結局はと言うことで納得したのか、の出兵が復活し、への攻めてくると、対した北条氏政は、を味方につけることで有利な状況をつくり、の軍勢にして、を撤兵させた。




2021 piquora.com