十 四 カ条 の 平和 原則 - 2 ヴェルサイユ体制下の欧米

四 原則 十 平和 カ条 の 平和十原則

平和十原則

四 原則 十 平和 カ条 の ウィルソンの「十四か条」とは

ウィルソンの「十四か条」とは

四 原則 十 平和 カ条 の 十四か条の平和原則

十四か条の平和原則

四 原則 十 平和 カ条 の 十四ヶ条の講和原則とは何ですか?

特集 十四カ条の裏切り|諸岡浩太郎|note

四 原則 十 平和 カ条 の 十四カ条

【パリ講和会議とは】簡単にわかりやすく解説!!背景や目的・内容・その後など

四 原則 十 平和 カ条 の 【パリ講和会議とは】簡単にわかりやすく解説!!背景や目的・内容・その後など

四 原則 十 平和 カ条 の 十四カ条

十四カ条/14ヵ条の原則

四 原則 十 平和 カ条 の 十四か条の平和原則

2 ヴェルサイユ体制下の欧米

四 原則 十 平和 カ条 の 十四カ条

ようやく世界が『世界平和』という一つの理想に目を向けられるようになり始めた!『国際連盟』の誕生

四 原則 十 平和 カ条 の 十四カ条/14ヵ条の原則

ブルガリアもヌイイ条約によってセルブ=クロアート=スロヴェーヌ・ギリシア・ルーマニアに領土を割譲した。

  • 自由貿易、開かれた協定、民主主義、そして民族自決といった考え方は、改革派が20年間にわたって支持してきた内政計画の変形にすぎなかった。

  • We wish her only to accept a place of equality among the peoples of the world, -- the new world in which we now live, -- instead of a place of mastery. ヴェルサイユ宮殿で行われたので『ヴェルサイユ会議』と言われることもあるが、その会議での基本原則は、アメリカのによる『 十四カ条の平和原則』で、• しかし、パリ講和会議で民族自決の原則は、植民地を失いたくないイギリスの ロイド=ジョージ首相やフランスの クレマンソー首相により歪められて、ヨーロッパにだけ適用された。

  • 第二条、〔公海自由の原則〕 平時戦時をとわず、領海外の公海においては、絶対的な航行の自由が確立されねばならない。

トルコに属していた中東地域に関しては、大戦中にアラブ人に独立を約束したフセイン=マクマホン協定(1915)とユダヤ人に独立を約束したバルフォア宣言(1917)はともに無視され、イラク・ヨルダン・パレスチナはイギリスの、シリア・レバノンはフランスの委任統治領とされた。

  • バルカン諸国に対しては、それぞれの政治的経済的独立及び領土保全の国際的保障が取極められなければならない。

  • この治癒的行為がなければ、国際法全体の構造と正当性は永久に損なわれる。

  • この提案はドイツの降伏を引き出すことになり、同年11月、大戦の休戦協定において講和の基本原則とすることが約された。

われわれはドイツの政治制度のいかなる変化、修正をも示唆しようとは考えていない。

  • われわれは、ドイツを傷つけんとしたり、あるいはいかなる方策によってもその正当なる勢力又は権力を制限せんと欲するものではない。

  • 1919年1月パリ講和会議が開かれる。

  • 概要 [ ] アメリカは前年3月の参戦によって協商国(連合国)側の勝利を決定づけ、この演説によっての講和原則、ひいては大戦後に実現されるべき国際秩序の構想を全世界に提唱した。

具体的には、秘密外交の廃止(第1条)、公海の自由(第2条)、経済障壁の撤廃(第3条)、軍備の縮小(第4条)、植民地問題の公正な解決(第5条)、ロシアからの撤兵とロシアの政治問題の自主的解決(第6条)、ベルギーの領土回復(第7条)、アルザス・ロレーヌのフランスへの返還(第8条)、イタリア国境の再調整(第9条)、オーストリア・ハンガリー帝国内諸民族の自決(第10条)、バルカン諸国の領土保全(第11条)、オスマン帝国内諸民族の自治(第12条)、ポーランドの独立(第13条)、国際組織の創設(第14条)の14か条であり、ベルサイユ条約の内容に大きな影響を与えた。

  • それは、この世界を住みやすく安全なものにすることである。

  • また、いかなる国も他国に圧力を加えない。

  • 十四カ条は、慎重に、注意深く練られていた。

他国の内政に干渉しない。

  • そしてわれわれ合衆国人民は、この原則を擁護するために、生命、名誉、その他かれらの持つすべてのものを捧げる用意がある。

  • そこには議論の余地なくポーランド人である 人々の居住する領土が含まれ、彼らは海への自由で安全な交通路を保証され、政治的、経済的な独立と領 土保全が国際的盟約によって保証されるべきである。

  • そして、特に、わが国民の如く、自らの生活を営み、自らその政治制度を決定し、暴力と利己的な侵略に対して、世界の他の人民によって正義と公正な取扱いを確保しようと欲しているすべての平和愛好国民にとって、世界が安全なるものになることなのである。

連合国側も同盟国側も、お互いに敵の帝国を支配しようという野心を抱いていた。

  • ペルシャ帝国• No other single act will serve as this will serve to restore confidence among the nations in the laws which they have themselves set and determined for the government of their relations with one another. 第1に、これらは、「進歩主義」として知られる米国の国内改革の原則の多くを、外交政策に移しかえたものだった。

  • 国際連盟の最大の問題点はアメリカ・ドイツ・ソヴィエト政権(後のソ連)の大国が不参加または排除されたことにあった。

  • ポーランド• We do not wish to injure her or to block in any way her legitimate influence or power. 第2条: 公海航行の自由• 講和会議では、ウィルソンが 国際連盟を設立。




2021 piquora.com