ハンス フォン ゼークト - 会社組織の無能な働き者とはどんな人?

フォン ゼークト ハンス ◆92 実話(ハンス・フォン・ゼークトの言葉)

ハンス・フォン・ゼークトの組織論|pinea|note

フォン ゼークト ハンス ハンス・フォン・ゼークトの組織論|pinea|note

フォン ゼークト ハンス 会社組織の無能な働き者とはどんな人?

フォン ゼークト ハンス 会社組織の無能な働き者とはどんな人?

格言「無能な働き者は処刑せよ」を現代経営者に当てはめ考えよう

フォン ゼークト ハンス Wikipedia探訪記(2017/09/06)

フォン ゼークト ハンス 無能な働き者とは?10個の特徴と自分がならない方法を解説

「無能な働き者」がマネージャになると組織が崩壊する

フォン ゼークト ハンス 【名言】人は大別すると4種類に分けられるやる気のある有能無能・やる気のない有能無能

ハンス・フォン・ゼークト

フォン ゼークト ハンス 無能な働き者とは (ムノウナハタラキモノとは)

フォン ゼークト ハンス 無能な働き者とは (ムノウナハタラキモノとは)

フォン ゼークト ハンス 無能な働き者とは (ムノウナハタラキモノとは)

ゼークトの組織論に想う ~人間の本質の4分化~

業務中は、こまめな報告・連絡・相談を心がけましょう。

  • 多くの将校はそのうち二つを併せ持つ。

  • よって参謀や秘書等のサポートする職などが向いている。

  • 「こういうこともできます」 「後で確認します」 「確か資料があったかも、後でメールします」 「担当者から別途資料を送らせます」 など、別に相手から質問されたわけでもないのに、余計なことを言いまくり、 仕事をバンバン増やしていく。

が、元々はっきりとした元ネタがないこともあり、悪口としての使われ方が広まった今ではお構いなしである。

  • 自分は周りから評価されており、仕事ができる人間だと思いこんでいるというのが特徴です。

  • ちなみに、さらにややこしいことに と は「ディートリッヒ」で正しかったりする。

  • - 「で説明できることにを見出してはならない」という警句である。

一応必要な知識や技術を持つものが定期的に見廻っていれば被害を軽減させることはできるが人的リソースの無駄遣いだし、同じ人的コストを掛けるなら無能な怠け者を同じ数雇った方がいいどころか何もしなければ被害は起きない分誰も雇わない方が得ですらある。

  • そもそも流布されている内容自体も原文からは変されている。

  • 彼らはその場所を良くするためにあらゆる労を費やすが、自分が原因で荒れていることに決して気付かないのである。

  • 一種のやの類と思った方が良いだろう。

しかし、失敗は成功のもとという言葉もあるように、失敗し、なぜ失敗したのかを振り返り反省することで、次の成功につなげることができます。

  • 無能無能と言う人が有能だとは限らないので言わないほうがいい、人を評価するのは知識がなければできないが、罵倒するだけならバカでも出来るのである。

  • 無能な兵を使って戦う 無能な怠け者・・・前線に送り込み、使い捨てる 無能な働き者・・・用済み、そもそも味方にいるのがまずい 無能な働き者は戦場にも立たせてもらえないのでしょうか?それもそのはず。

  • 非を認めない 組織の中で「無能な働き者」がもっとも問題視されるのは、行動力がある点でしょう。

長く働けばいいと思っている 働くことに対しては意欲的ですから、常に何かしらの行動は起こしています。

  • またの退任後にはを務めたが 、によりドイツは軍備を10万人に制限され、参謀本部も禁止された。

  • 愚鈍で怠慢 - 命令を忠実に実行するのみの役職に適している。

  • 愚鈍で勤勉 - このような者を軍隊において重用してはならない。

自己判断で進める 上司や先輩に確認せずに仕事を進めがちです。

  • 事後報告や、トラブルが起きてからの相談など 組織で働くうえで、仕事以外にも重要なことが「ほうれんそう」と呼ばれる報告・連絡・相談です。

  • 定義からも分かるように最も不必要な人材とされている。

  • とある。




2021 piquora.com