医療 情報 を 取り扱う 情報 システム サービス の 提供 事業 者 における 安全 管理 ガイドライン - 総務省|報道資料|「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見募集の結果及び当該ガイドラインの公表

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の 【ライブ配信受講可】「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」「3省2ガイドライン」の勘所

「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」 「3省2ガイドライン」の勘所 06月16日(火) 開催セミナー

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の 【ライブ配信受講可】「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」「3省2ガイドライン」の勘所【JPIセミナー 6月16日

総務省|報道資料|「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見募集の結果及び当該ガイドラインの公表

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の 「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」の公表について

【ライブ配信受講可】「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」「3省2ガイドライン」の勘所

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の PwCあらた、医療情報を取り扱う情報システム・サービス事業者向けに、新セキュリティガイドラインへの対応支援サービスを提供開始

PwCあらた、医療情報を取り扱う情報システム・サービス事業者向けに、新セキュリティガイドラインへの対応支援サービスを提供開始

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の PwCあらた、医療情報を取り扱う情報システム・サービス事業者向けに、新セキュリティガイドラインへの対応支援サービスを提供開始

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の PwCあらた、医療情報を取り扱う情報システム・サービス事業者向けに、新セキュリティガイドラインへの対応支援サービスを提供開始

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の 総務省|報道資料|「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見の募集

「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」 「3省2ガイドライン」の勘所 06月16日(火) 開催セミナー

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5.1版(令和3年1月)|厚生労働省

【ライブ配信受講可】「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」「3省2ガイドライン」の勘所

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の 「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見の募集

医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者向け「3省2ガイドライン準拠 支援コンサルティングサービス」|LRM株式会社

情報 事業 安全 システム サービス 者 ガイドライン 管理 における 取り扱う 情報 を 医療 提供 の 経済産業省・総務省 「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」

〔講義項目〕 1.前提 2.厚労省安全管理ガイドラインのポイント(事業者向けGLの前提として) 3.改定前の「経済産業省安全管理ガイドライン」・「総務省安全管理ガイドライン」のポイント 4.改定後のガイドライン(「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における 安全管理ガイドライン」 のポイント 5.まとめ 6.関 連 質 疑 応 答 7.名 刺 交 換 会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

  • <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを開催日の2営業日前にお送り 致します。

  • 本ガイドラインの適用対象となるか否かの判断、及び具体的な対策につきましてお困りの際にはお気軽にご相談いただければと存じます。

  • )が公表されました。

2.意見公募の結果等 提出された17者の意見及びそれらに対する両省の考え方は、別紙2のとおりです。

  • 第614号コラム:江原 悠介 理事(PwCあらた有限責任監査法人 システムプロセスアシュアランス部 シニアマネージャ) 題「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)のポイントについて 国内で医療情報を電子的に取り扱う際に遵守が求められるガイドライン、いわゆる「3省3ガイドライン」のうち、医療情報システム・サービス(以下、『医療情報システム等』)を提供する事業者向けの2つのガイドライン(経済産業省:「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン」、及び総務省:「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン」)が今般、「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(以下、『統合ガイドライン』)という一つのガイドラインに改定され、そのドラフト版(「案」)が現在公開されている。

  • 本件に関する問い合わせ先 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 企画官 川口 担当者:山田、植松 電話:03-3501-1511(内線 4041~4043) 03-3501-1790(直通) 03-3501-0315(FAX) メール: 商務情報政策局 情報産業課 ソフトウェア・情報サービス戦略室長 田辺 担当者:飛世、高野、月岡 電話:03-3501-1511(内線 3981~3987) 03-3501-6944(直通) 03-3580-2769(FAX)• 事業者向け新ガイドラインのポイント <後半>:ワークショップ 1.リスクマネジメントの方法 (1)情報流の整理・リスクアセスメントの水準 (2)リスク対応一覧の作成方法 2.リスクコミュニケーションの方法 (1)医療機関等向けの情報開示の範囲・水準 (2)医療機関等との合意形成の手続 3. <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを 開催2日前にお送り致しますので、開催日時にZoomミーティングへご参加ください。

  • なお、この合意形成には、単に「自社でどのような対策を実施しているか」という観点のみでなく、リスクマネジメントプロセスの中で洗い出された想定リスクを管理するために医療機関等においても実施が必要となるセキュリティ対策、さらには事業者が十分なリスク管理を行えなかったため残存したリスクという観点も含まれる。

<3>当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。

  • 講 師 <略歴> 上智大学外国語学部卒業後、大手生命保険会社のシステム関連会社において、システムエンジニアとして、医療系システムのアプリケーション、及びネットワークインフラに係る設計・開発・運用に係る管理責任者を務める。

  • 今回の改定内容について、当該ガイドライン検討会の委員として参画した立場から、どのようなポイントが求められているかの解説を行う。

  • 従来までの事業者によるガイドラインへの対応というと、特に後者のリスクコミュニケーション、つまり、自社の取組内容に対する説明責任の遂行が不足していた印象が強かったが、事業者としてのガイドライン対応の目的は、そもそも医療情報システム等を利用するユーザ、つまり医療機関等の安定した業務遂行を支援する点にあると言える。

なお、本内容は一委員としての私見となる。

  • 当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。

  • 救急医療の遠隔支援 救急搬送中の患者の生体データや画像データを収集し、複数の医療機関から閲覧可能にすることで、病院への搬送前に医師からの適切な判断や指示をうけることが可能になります。

  • 大学4年時にインターネットサービスプロバイダの立ち上げを支援。

〔詳細・申し込み〕 〔タイトル〕 3月大幅改定:厚生労働省・経済産業省・総務省 「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」 「3省2ガイドライン」の勘所 〔講義概要〕 医療情報を取り扱う際の「3省3ガイドライン」が、今般、医療情報を受託管理する情報システム・サービス事業者向けの経済産業省・総務省ガイドラインの統合をもって「3省2ガイドライン」へと改定される運びとなった。

  • 〔講義項目〕 <前半>:講義 1. 今般、本検討会における検討結果等を踏まえ、「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)()を取りまとめましたので、同ガイドライン案に対する意見を募集します。

  • 当法人は、監査や各種アドバイザリー業務で培ったガバナンスやリスク管理、医療業界に関する知見を生かし、医療分野の情報システム・サービス事業者が提供する各種システム・サービスにおける情報の流れを特定し、リスクの洗い出しや評価を行い、必要なセキュリティ対策の策定や現行のリスク管理態勢を改善することを支援します。

  • さらに、「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドラインFAQ」については別紙4のとおりです。

千葉大学大学院自然科学研究科デザイン科学専攻修了。

  • なお、これらの取組は内部監査、または外部評価によりその妥当性・合理性を定期的に検証することが明示的に求められており、客観性の高さが必要となる。

  • 1 厚生労働省発行 「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版」 平成29年5月 病院、一般診療所、歯科診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護事業者、医療情報連携ネットワーク運営事業者等における電子的な医療情報の取扱いに係る責任者を対象に、医療情報システムの安全管理やe-文書法への適切な対応を行うため、技術的及び運用管理上の観点から所要の対策を示したもの。

  • 電子的な医療情報を取り扱うIoMTでは、医療情報の安全管理策を示した「3省2ガイドライン」に記載された要件に従って、システムを利用する「医療機関等関係者」、システム・サービス等を提供する「提供事業者」それぞれが、リスク管理措置を確認する必要があります。

また、遠隔地から保守点検を行ったり、機器のアップデートを行うことが可能になります。

  • 具体的には、総務省では、ASP・SaaS、PaaSやIaaS等のクラウドサービス事業者を対象とする「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン(第1版)」(平成30年7月策定。

  • 受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

  • 従来のガイドラインでは、医療情報システム等の固有の環境構成に関わらず、一律実施しなければならない標準的なセキュリティ対策が定義されていた。




2021 piquora.com