大 鏡 南 院 の 競 射 現代 語 訳 - 大鏡 競べ弓 問題(1)

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 大鏡「道長、伊周の競射」について

😊大 鏡 弓 争い 現代 語 訳

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 大鏡

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 5分でわかる大鏡!概要と内容をわかりやすく解説!おすすめの現代語訳も紹介

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 大鏡 「弓争い」

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 『大鏡』現代語訳「花山天皇の退位」

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 大鏡 競べ弓

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 【大鏡】南院の競射 解説

高2 菅原道真の左遷 高校生 古文のノート

鏡 現代 競 語 院 射 の 訳 大 南 【大鏡】南院の競射 解説

弓の腕前は道長のほうが上でしたが、決着がついた後も悔しさを拭えない伊周は、延長戦を申し込みました。

  • さりながらも、いささか逼気し、御心やは倒させ給へりし。

  • 動作の主体である道長を敬っている。

  • しかしながら、 道長は 少しでも卑屈になったり、がっかりなさったであろうか 、いや、そんなことはありませんでした。

(天皇として)国をお治めなさること二年。

  • 太政大臣 (関白)• 中関白殿、また御前に候ふ人々も、 「いま二度延べさせ給へ。

  • 入道殿うち笑はせ 給ひ て、「けふは、かやうのたはぶれごと侍らでありなむ。

  • 本来地の文での二重敬語は、天皇などの最高身分にしか使わないので、最高敬語とも言われますが、大鏡は下記のように全文が会話形式なので、摂関などにも二重敬語を多用しています。

祇王とうとう罷出よ」と、お使かさねて三どまでこそたてられけれ。

  • なさる、なさいます。

  • 動作の主体である道長を敬っている。

  • (教科書によっては「南院の競射」、「道長と伊周」、「競べ弓」、「道長と伊周の競射」という題名のものもあり。

饗応し、もてはやし聞こえさせ給ひつる興もさめて、こと苦うなりぬ。

  • 」と、粟田殿(藤原道兼)がせきたて申し上げなさったのは、まだ帝がお出ましあそばさなかった前に、(神璽と宝剣を)自分の手で取って、皇太子の御方にお移し申し上げなさってしまったので、(帝が宮中へ)もしお戻りなさるようなことはあってはならないとお思いになって、このように申し上げなさったということだ。

  • 当時使われていた暦に直すと、彼の生年月日は18年1月15日である。

  • 」 と =格助詞 制し =サ変動詞「制す」の連用形 給ひ =補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。

「もの」がつく接続助詞はほぼ逆接の意味となる。

  • 最初の部分は「中の関白殿、また御前にさぶらふ人々も」と主語がはっきりしていますので、「いま二度延べさせたまへ。

  • 」 とおっしゃっ て矢を射られ たところ、同じ当たるといっても的の真ん中に当たったではありませんか。

  • 場合によって敬語になったり、助動詞がついたりする。

動作の主体である道隆を敬っている。

  • また、周囲を巻き込み、ここぞというときに重要な人物を味方につける才能に長けていました。

  • 但祇王があるをはゞかるか。

  • かかればこそ、年頃なからひよからで過ぎつれ。

言葉を紡ぐとはどういうことなのか、日本語の魅力を堪能してください。

  • また、敬語の意味を持つ語があれば、すべて抜き出し、敬語の種類と誰から誰に対しての敬意の表現であるかを答えよ。

  • [訳:蓬田(よもぎた)修一] [原文] 世間(よのなか)の光にておはします殿の、一年(ひととせ)ばかり、ものを安からず思(おぼ)し召したりしよ。

  • [わななく故にや] 震えるためであろうか。




2021 piquora.com