コロナ 中国 陰謀 - コロナウィルス中国陰謀説の根拠というか原因や流れを小学生でも...

陰謀 コロナ 中国 「新型コロナは中国の人造ウイルス」陰謀論はなぜ広まるのか(木村正人)

陰謀 コロナ 中国 研究で判明「陰謀論を信じる人」に共通する性格

陰謀 コロナ 中国 新型コロナウィルス陰謀説に迫る|6つの陰謀から導かれる1つの仮説とは!?

陰謀 コロナ 中国 コロナウィルス中国陰謀説の根拠というか原因や流れを小学生でも

陰謀 コロナ 中国 【徹底検証】新型コロナの発生源はやはり中国か!?生物兵器製造過程での流出を示す疑惑の数々

陰謀 コロナ 中国 コロナ「陰謀説」こそ陰謀か?米国で日増しに強まる研究所流出説(2021年6月30日)|BIGLOBEニュース

陰謀 コロナ 中国 新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

陰謀 コロナ 中国 中国の日本侵略計画? 究極の陰謀論「日本解放第二期工作要綱」を解剖する(安田峰俊)

陰謀 コロナ 中国 中国の日本侵略計画? 究極の陰謀論「日本解放第二期工作要綱」を解剖する(安田峰俊)

陰謀 コロナ 中国 中国の日本侵略計画? 究極の陰謀論「日本解放第二期工作要綱」を解剖する(安田峰俊)

日本では3月8日頃から、いくつかのメディアに、 アメリカの生物兵器専門家の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏が登場し、中国の生物兵器説の可能性に言及した。

  • 日本の右翼団体については東京都内の各団体数まで細かく知っているほど記述が詳しいにもかかわらず、当時の日本で勢いがあったはずの毛沢東主義の新左翼セクトや親中派市民団体(日中友好協会など)への言及がほとんどない。

  • こちらでは横書きのインターネット文書であるためか、なぜか上記の当該部分が「上の」「下の如く」という表現に修正されているのだが、一方で別の問題が生まれている。

  • 今月14日には18人の著名な科学者が権威ある科学ジャーナル「サイエンス」に「研究所からの漏出事故と動物から人への感染理論のいずれもが有効だ」とし、新たな調査が必要だと述べた。

要するに「動物からの自然感染」説の根拠がまったくみつからないのである。

  • 田中内閣成立以降の日本解放(第二期)工作組の任務は、 右の第二項、すなわち『民主連合政府の形勢』の準備工作を完成することにある。

  • その代わり、夜や夜明け、日が暮れる頃、または曇った天気の日に風向きが安定した状態で使用してこそ、エアロゾールを目標地域に向かわせることができるという。

  • 武漢のウイルス研究所からの漏洩説 今回の新型コロナウイルスは、発生源とされている武漢にあるウイルス研究所で作られ、それが市中に漏洩してしまったのだとする言説が感染拡大の初期に多く語られるようになった。

そして、WHOは速やかに当事国を調査し、専門家と協議の上、世界への感染の拡大を最小限に押さえなくてはなりません。

  • さらに分析でわかったのは、極端な場合には本当の病気、精神医学の専門用語で言う「パーソナリティ障害」を持っている場合もあるということだ。

  • 私たちの現在の理解は、ウイルスのゲノム配列と控えめな疫学的および臨床データに限定されています。

  • (『要綱』「A基本戦略・任務・手段、(2)解放工作組の任務」より) 一九七二年七月の現況でいえば自民党の両院議員中、衆院では約六十名、参院では十余名を獲得して、在野党と同一行動を取らせるならば、野党連合政府は容易に実現する。

また、毒物研究で高名な台湾生まれアメリカ在住の杜祖健(と そけん 英語名:アンソニー・トゥー)博士は、松本サリン事件の解明のきっかけを作ったことでも有名な科学者ですが、彼も武漢市の北側の研究所からウイルスが漏れた可能性が高いと見ています。

  • コロナは人民解放軍の生物兵器であるとか、アメリカは児童性的虐待と人身売買に手を染めるディープ・ステイトによって操られているといった話が代表的である。

  • ウイルスを開発した疑わしい国や組織は、中国を敵対視している米国の軍産複合体だと、すでにイランなどが疑いの目で見ています。

  • 世界では、コウモリのコロナウイルスは人間にうつらないことから、ウイルスを扱う研究所から漏れたのではないか、と思っているようです。

ただ、普通の肺炎と違い、まず潜伏期間が2週間と長く、その間に周囲の人に移してしまう恐れがあります。

  • 人工ウイルスでないのなら、誰かがつくった生物兵器でないことにもなる。

  • 日本の尖閣諸島も自国の領土だと一方的に主張し、毎日のように軍も関係した船舶を尖閣諸島に何十隻も来させています。

  • 次の書込みは2008年3月と5月だった。

ですから、このウイルスに対する絶対的な効果があるワクチンや薬が出来るまで、私達はまだまだ安心することは出来ません。

  • 他に『国魂 : 愛国百人一首の解説』や『大東亜戦争の終局 : 昭和天皇の聖業』(ともに錦正社)などの著書もある。

  • 武漢ウイルス研究所では、SARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルスの一部のゲノム配列を人工的に変えて、感染力を強める「機能獲得」研究が行われていたことがすでに判明している。

  • (出典:) 上記地図左下にある「武漢国家 生物安全実験室」がP4研究所です。




2021 piquora.com